FC2ブログ

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10







木更津市 ラーメン魁力屋 木更津店 特製醤油ラーメン

うなむーの食べある記616店目。
今回は木更津市金田東にあります「ラーメン魁力屋 木更津店」さんに行って来ました。

DSC09470_201909062246367fb.jpg

魁力屋さんと言えばイオンモール木更津内にもありますね。
此方は木更津のアウトレットに近い立地でありますが同じ市内にチェーン店のラーメン店が二軒あると言うのはちょっと珍しいかもしれませんね。
お店自体はロードサイドタイプの良くある感じのスタイルです。
店内はカウンター席とテーブル席がありました。
独り者ですので(笑)カウンター席に腰を下ろして品書きを確認します。

DSC09448.jpg

ざっと見ますとラーメンは醤油、味噌、塩とありましてそれぞれに幾つかのバリエーションがあると言う感じ。

DSC09449_20190906224657c9f.jpg

ラーメンにプラスしてご飯+おかずの「定食」と言うものがありましたが
この安さが驚異的でした!
どれも此れも300円以下でご飯プラス揚げ物のおかず、もしくはチャーハンをつけられるのです。
しかもご飯大盛無料!食いしん坊大歓喜!!!

DSC09450.jpg

此方はサイドメニュー一覧。
それぞれ全うな価格でありますので定食セットが如何にお徳かがお分かりになるかと思います。
定食注文待った無しですな(笑)

DSC09453.jpg

季節物の品の案内もありましたよ。
そう言えば私、冷やしラーメンの類って食べた事が無いなぁ…

DSC09454.jpg

はい、此方が魁力屋さんの基本の一杯であろう「特製醤油ラーメン」税別650円です。
いわゆる背油チャッチャ系のラーメンですね。
メタボなオッサンはスープ麺一杯に浮かぶ白い脂に少々怯みます…(苦笑)

DSC09456_201909062246487c7.jpg

まずは背油を避けてスープを一口。
濃い目の醤油味に溢れる豚の旨み。

DSC09458.jpg

そして背油と共に一口。
コクと旨みが増しますが意外としつこく無い感じ。
スルスルと抵抗無く胃袋に収まって行きます。
スープに浮かぶ小さな赤い点は一味唐辛子でしょうか。
ほんのりとした辛味が味を引き締めています。

DSC09460.jpg

麺は中細の角断面ストレート。
やや白っぽいのが特徴的ですね。
低加水の歯切れの良い麺が美味。

DSC09451.jpg

カウンターには豊富な調味料類が置かれております。

DSC09452.jpg

刻みネギと沢庵は後から店員さんが運んできます。
沢庵は恐らく定食のご飯用であるかと思います。

DSC09461_201909062246433c1.jpg

早速ネギとニンニクを追加、そしてこの醤油スープには胡椒よりも唐辛子があうと判断してたっぷり振り掛けました。
ニンニクと唐辛子のダブルパンチで更に美味しくなりましたよ~

DSC09464_20190906224642cff.jpg

具材は

チャーシュー 三枚

シナチク

刻み青ネギ

背油


チャーシューは極薄い物が三枚。
具材が物足りない、と思う向きには味付けタマゴやもやし、コ-ンなど豊富なトッピングも用意されておりますので是非ご利用いただきたく。

DSC09466_2019090622463908c.jpg

そして此方が「餃子定食」税抜230円。
ご飯は大盛にしてもらいましたがその名に恥じない盛りの良さ!
食べきれるかどうか少々不安になるほどでした(笑)

DSC09465.jpg

餃子は単品だと6個入りで280円ですが定食は五個入りになっています。
一つ減っては居ますが230円でご飯付き、誰からも文句は付きますまい(笑)

DSC09468_20190906224637e6a.jpg

餡は肉と野菜のバランス良し、香味野菜は少々控えめ。
飯にも酒にも合う餃子だと思います。


ラーメン魁力屋 木更津店

特製醤油ラーメン 650円(税抜)

餃子定食 230円(税抜)


2019年8月9日訪問


とにかくコストパフォーマンスに優れたお店ですね。
そしてそれぞれの味も実に良し!
実に気に入りました。
次は塩ラーメンとから揚げ定食を頂きたく~
スポンサーサイト



木更津市 木更津 丿貫  煮干蕎麦 他

うなむーの食べある記615店目。
今回は木更津市畑沢南に八月に開店したばかりの「木更津 丿貫 」さんに行って来ました。

DSC09437_20190905223822b5a.jpg

丿貫、は へちかん と、読むのだそうです。
場所は以前「ラーメン亭佐藤くん」が合った辺りですね。
料亭の様なちょっと閉鎖的な店構えに躊躇してしまいましたが意を決して入店。
こじんまりとした店内は握ってくれるお寿司屋さんの様な和の雰囲気。
カウンターの席に腰を下ろして品書きを眺めます。

DSC09425.jpg

麺の品書きは「煮干蕎麦」の一品だけ。
なんでも開店直後の為に品数を絞っているのだとか。
選択の余地はありませんので煮干蕎麦 800円を注文しました。

DSC09426.jpg

はい、此方が「丿貫」さんの煮干蕎麦です。

おおおお、何と言うか実に個性的で斬新な見た目。
黒くて白くてピンク色!
わたくし、この様なラーメンをみた事ありません。

DSC09428_201909052238312d4.jpg

それではスープを頂きます。
油分はけっこう多め、口に含む前から濃厚な魚介の香りが鼻腔をくすぐります。



濃い。

濃厚。

とにかく圧倒的な煮干感。
煮干感は強すぎて苦味を感じるほど。
しかし其の苦味がちっとも嫌味では無く旨みとして感じられます。
こんなスープ、初めての体験です。
 
DSC09430_20190905223829b30.jpg

麺は低加水のストレート麺。
九州ラーメンの様な風味食感ですがやや太めでバツバツとした噛み応えが好ましい。
チャンポン麺の様でもありますね。

DSC09432.jpg

具材は

半生チャーシュー

刻み玉ねぎ


この二つのみ。
800円のラーメンにしてはあまりに簡素なのですが其れが不満にならないくらいの美味さがあります。
半生チャーシューも初めて食べました。
薄切りのチャーシューは熱々のスープに浸すとあっと言う間に火が通ります。
どのタイミングで食べるかはお好みで。

と、夢中で煮干蕎麦を食べていたのですが、品書きにある「和え玉」と言うのがどうしても気になる。
替え玉みたいな物なのだろうか?
説明には「味付きの替え玉」とある。
替え玉にしては少々お高い気もしますがこれまた初めての体験ですので注文しました。

DSC09433.jpg

此方が黒酢の和え玉 250円です。

麺の上には刻み玉ねぎと魚粉、そしておろしニンニク。
薬味はショウガとニンニク、あるいはその両方をチョイス出来ます。
黒酢ダレは丼の底に沈んでいるようです。

DSC09434.jpg

良く掻き混ぜてから頂きます…

うまっ!!!

あー、こう来ましたか。
此れはあれ、油そばですよ。
替え玉と謳っていますが此れ単品で十二分に麺料理として完成しています。
このままでも大変に美味い!

DSC09435_201909052238241e5.jpg

そして先ほどの煮干蕎麦の汁につけて食べてももちろん美味かったです。

煮干蕎麦で良し。

油そばで良し。

つけ麺で良し。

三度の愉悦が舌を魅了する煮干蕎麦、和え玉でありました。


木更津 丿貫

煮干蕎麦 800円

黒酢の和え玉 250円


2019年8月6日訪問

煮干蕎麦と黒酢の和え玉で1050円。
一杯500円ちょいで二種類のラーメンを食べたと思えばお値打ちなのではと思えましたよ。
「木更津 丿貫」さん、もともとは横浜にあるお店の暖簾分けの様ですね。
今後は品書きも増えて行くとの事、実に楽しみです。


埼玉県ふじみ野市 竹國 大井武蔵野店 あま辛汁うどん

うなむーの食べある記614店目。
今回は何時もの地元を飛び出しまして埼玉県ふじみ野市にあります「竹國 大井武蔵野店」に行って来ました。

DSC09368.jpg

所用で埼玉までやって来たのですがお昼に名物のうどんをご馳走になりました。
うどんと言えば「讃岐」と言う最近の風潮ですが埼玉県もうどんの立派な名産県なんですよね。
今回は地元の人のお勧めでこのお店にやって来ました。

DSC09358.jpg

「竹國」さんお品書き。
うどんの種類は少なめですがどのうどんも実に魅力的です。
うどん量は普通、中盛、大盛からそれぞれ選べてお値段変わらず、と言う所が実に素晴らしい!

DSC09359_20190903225132aa5.jpg

と言う事で今回はあま辛汁うどん 大盛 820円を注文しました。
や、此れは実にてんこ盛りですぞ!!!(汗)

DSC09360_20190903225129d59.jpg

大盛は麺量実に700g!
うず高く盛られた圧倒的な麺量に少々圧倒されます(笑)
ちなみに普通は350g、中盛は500gでした。

DSC09363.jpg

麺は二本の麺を一本に合わせたかの様な極太麺で表面が凸凹しております。
実に食べ応えのある男らしい、荒々しさを感じさせる麺です。

DSC09361_20190903225128982.jpg

此方はつけ汁。
真っ赤な汁は甘くてちょっと辛い濃厚な味噌味。
それにたっぷりの茹で野菜、豚軟骨、天かすが載せられています。

DSC09365_201909032251242b7.jpg

別添えの刻み玉ねぎと青ネギを載せてから麺をつけて一気に啜り込みます!
ごん太な麺のハードな啜り心地、麺の強大なコシに戸惑いながらも咀嚼、咀嚼し飲み込む。

「うまぁああああああぁい!!!」

此れ、大変な旨さですよ!
汁の味、具の構成などはまるで味噌ラーメンのつけ麺を食べているような感じ。
甘辛の汁とごん太の麺の奇跡の融合、華麗なる昇華!
間違いなくここ最近食べたうどんの中でピカイチの旨さです。
山の様に盛られたうどんがどんどん胃袋に吸い込まれて行きます(笑)

DSC09367.jpg

具材の茹でたもやし、生のキャベツの食感や良し、濃厚な汁の一服の清涼剤。
豚軟骨は沖縄そばで言う所の「ソーキ」豚ばら肉の旨みととろん、ぷるんとした軟骨の食感が嬉しく美味い。

うどんも汁も実に美味しく食べ応えがありました。


竹國 大井武蔵野店

あま辛汁うどん 820円


2019年7月30日訪問


大変に満足、ぞして満腹になりました。
多いかな?と思われた700gの麺もあまりの美味しさで勢いで完食。

DSC09362.jpg

此方は連れが食べた「おろしぶっかけうどん」600円。
少し食べさせて頂きましたがさっぱり頂けてこれまた美味!
きっと他のどのうどんも美味しいに違いありません。
再訪を切望致しますぞ!

君津市 市役所内喫茶室 ナポリタン 他

うなむーの食べある記613店目。
今回は所用にて訪れました君津市役所内にあります「喫茶室」に行ってきました。

DSC08914.jpg

君津市役所と言えば以前に二回、地下階にあります食堂のラーメンをレポートしましたが
今回は一階にあります「喫茶室」をご紹介したいと思います。

DSC08911.jpg

市役所一階北側西の解放的なスペースに「喫茶室」さんはあります。

DSC08913.jpg

入口近くにはショーケースも。
スパゲッティやピラフなどの軽食、ドリンク類が確認出来ました。
早速中に入って席に着きました。
大きな窓から差し込む柔らかな光がなんとも良い心地です。

DSC08898.jpg

此方が軽食メニューのご飯、麺類。
中々の品揃えに加えて実に安い!

DSC08899.jpg

此方はパン類、そしてスープなどのサイドメニュー。
どれこもれもワンコイン以下の価格です!

DSC08900.jpg
DSC08901.jpg

飲み物やデザートも安いですね~
此れは意外と穴場ですよ!

DSC08906_20190901132521a94.jpg


まずはやはり此れを抑えておきたい、ナポリタン 500円です。
余りの安さに冷凍食品をチンして供されるのかと思いましたが、ちゃんと厨房で調理しておりました。

DSC08908.jpg

真っ赤なケチャップ味のナポリタン。
茹で置きの柔らかい麺も如何にもな雰囲気。

DSC08907_20190901132520e17.jpg

具材も 玉ねぎ、ハム、ピーマンと極々シンプル。
そうそう、こう言うので良いんですよ、喫茶店のナポリタンは。

DSC08909_20190901132518ba3.jpg

タバスコと粉チーズをたっぷり掛けて頂きました!
男性が食べるにはちょっと物足りない感のあるボリュームですが大盛も注文出来ますのでお腹のすき具合に合わせて注文すれば宜しいかと。

DSC08903_201909011325265b8.jpg

私はもう一皿注文してしまいましたけどね(笑)
此方はカレーライス 450円です。

DSC08905.jpg

お米は君津産を使うと言うこだわりの一品。
カレー自体は良くあるタイプの味ですがそれゆえに安心して食べられます。

DSC08904_20190901132524d0e.jpg

目立つ具材は豚ばら肉のみ。

先のナポリタンと合わせれば流石にお腹いっぱいの大満足でありました。


君津市役所一階 喫茶室

ナポリタン 500円

カレーライス 450円

2019年6月25日訪問

全品500円以下と言う高コストパフォーマンス。
これは市民として利用しない手はありませんよね。

気になるメニューもあります。
しょうゆスパゲッティとは一体どんなスパなのか?
サンドイッチなどのパン類も気になる所です。
次回訪問が楽しみですね。
[ 2019/09/01 ] 食の記録 | TB(-) | CM(0)

君津市 麺s' Dining 司 国産牛肩ステーキ 他

うなむーの食べある記612店目。
今回は君津市人見にあります「麺s' Dining 司」さんに行ってきました。

DSC05860.jpg

司さん、以前ランチタイムにラーメンとカレーを頂いたのですがその美味しさにほれ込んでしまいまして。
今回は記念日のお祝いと言う事でディナータイムに訪れてみました。

DSC08698.jpg

ディナータイムのお品書きはホワイトボードにかかれております。
まずはワインをデキャンタで頼んで乾杯!

DSC08699_20190831235710f2c.jpg

此方は生ハムサラダ、700円。
盛り付けがなんとも美しいですね。
もちろんハムも野菜も実に美味。

DSC08701.jpg

此方は小海老のアヒージョ 700円。

DSC08702_20190831235708659.jpg

油がグツグツ沸いた熱々の状態で供されます。
ブラウンマッシュルームとぷりぷりのエビがニンニクの風味たっぷりの脂の中で踊っております。
バゲットを脂に浸して具と一緒に食べると得も云われぬ幸福感に包まれます。
白ワインが進みますな~

DSC08703_201908312357064ef.jpg

メインディッシュは国産牛肩肉270gのステーキ。
このボリューム感で1500円はお値打ち!
デキャンタのワインを赤に変えて迎え撃ちます。

DSC08704_201908312357046c0.jpg

柔らかすぎないほど良い歯ごたえの牛肩肉とガーリックソースが実にマッチ!
添え物の揚げ野菜も箸安めにちょうど良い感じ。

そう、箸なんですよ。
司さん、もちろんナイフとフォークも用意されていますがステーキなどはカット済み、
お箸で気楽に食べる事が出来るんですよ。
お堅いテーブルマナーにとらわれる事無く存分に料理の味に集中できますよ。

DSC08705_20190831235703a8c.jpg

最後に食べましたのはオリーブポークの肩ロースソテー ハニーマスタードソース、900円。

しっとりとした肩ロースに酸味と甘みのソースが良いですね~
先のステーキと言い、ポークソテーと言い、白メシが食べたくなりますよ(笑)


麺s' Dining 司

生ハムサラダ 700円

小海老のアヒージョ 700円

国産牛肩肉のステーキ 1500円

オリーブポークの肩ロースソテー ハニーマスタードソース 900円。

ワインデキャンタ 確か700円


2019年6月12日訪問


どれも此れも本当に美味しかったです!
それでいてお値段もそれほど高くない、最高じゃないですか?
麺s' Dining 司さん、お勧めです。

東京都台東区 天竜 塩バターラーメン 他

うなむーの食べある記611店目。
今回は東京都台東区、JR浅草橋近くにありますサッポロラーメンのお店、「天竜」さんに行って来ました。

DSC08689_20190830222527004.jpg

「天竜」さんには今回で三回目の訪問なります。
最初は味噌、次は醤油を食べましたのでー

DSC08680_20190830222536b97.jpg

今回は塩バターラーメン 750円を頂きました!
此れで天竜さんの味噌、醤油、塩の三種のラーメンを制覇致しました。
もちろん今回もライス200円を注文しております。

DSC08681.jpg

早くも溶け出したバターの甘い香りがなんとも食欲をそそります!
たっぷりのモヤシとひき肉も魅力的ですね。

DSC08683.jpg

スープは濁りのある豚系スープ。
ひき肉の旨みとバターの芳醇な香り、濃厚な味わいがなんとも堪らない美味さを醸し出しています。

DSC08685.jpg

麺は中細の縮れ麺。
スープとバターが良く絡んでこれまた美味!

DSC08687.jpg

具材は

チャーチュー片

豚挽肉

もやし

バター


ここ天竜さんではトッピングの大きな大きなチャーシューが名物なのですが
チャーシューをあと載せしなくてもけっこう大きなチャーシュー片がゴロゴロと入っています。
プラス挽肉もありますのでそのままでも肉を満喫出来る一杯であります。

DSC08688.jpg

そんなチャーシューやモヤシ、麺をおかずにご飯を食べるのはまた美味いんですよ~
そして箸休めにはこの漬物!
此れがまた実に美味い!!!


天竜

塩バターラーメン 750円

ライス 200円


2019年6月11日訪問

これで天竜さんの三種のラーメンを頂いた訳ですが私の好みでは今回の塩ラーメンが一番好きかな~

天竜さんのラーメンではあとノーマルのラーメンとワンタンメンが気になる所。
高齢のご夫婦が営むこのお店が何時まで営業を続けて下さるのか?
お元気な内に天竜の全てを味わいつくしたい所です。

千葉市JR千葉駅構内 菜の花そば ラーメン

うなむーの食べある記610店目。
今回はJR千葉駅構内にあります「菜の花そば」さんに行って来ました。
猫食同源を無事に終え帰宅の途中、千葉駅での乗り換えに少し時間が空きまして。

DSC08606_201908282343157aa.jpg

小腹を満たすために「菜の花そば」さんに立ち寄ることと致しました。
や、懐かしいですね!
駅構内が全面リニューアルされお店も一新、モダンになった千葉駅ですがこの辺の雰囲気は昔とあまり変わっておりません。
店構えなどは今風に新しくなりましたがー

DSC08596.jpg

まだ往時の雰囲気がしっかりと残っておりました。
総武内房線を使って東京の学校に通っていた学生時代、ここの立ち食いそばや「モナミ」と言う喫茶店にとてもお世話になったんですよ~
当時はうどんとそばしかなかったように記憶していますが今ではカレーやラーメンなども食べられるようですね。

DSC08597_2019082823432267a.jpg

当食べある記的にはやはりラーメンを選択してしまう訳でして(笑)
菜の花そばさんのラーメン、400円であります。
如何にも、といった風情のラーメンですね。

DSC08599.jpg

スープは…
黒いレンゲだとスープの色が良く分りませんね(苦笑)

DSC08600.jpg

済んだ琥珀色のスープは鶏ガラ系の素直な味わい。
没個性的ではありますがこう言う味のラーメンは安心して食べられますね。

DSC08602.jpg

麺は透明感のある中細の縮れ麺。

麺、と言えば学生の時にうどんを頼んだ時、盛り付けの再に地面に落とした一本のうどんをさり気なく丼に戻されて供された事があったなぁ…
ええ、黙って食べましたけどね(笑)

DSC08604.jpg

具材は

チャーシュー 一枚

シナチク

海苔

刻みネギ


必要にして十分な具材は載っております。
400円のラーメンならば十二分な味、ボリューム具材でありましょう。


菜の花そば

ラーメン 400円


2019年6月2日訪問


思いがけず学生の頃の思い出のお店に来てしまいました。
先にも書きましたが菜の花そばさん周辺はリニューアル前の千葉駅の雰囲気が残る貴重なエリアです。
末永く現状を保って頂きたいものでありますね。

八月一日の食の記録 夏の風邪

喉の痛みが酷い。
鼻水も滝の様に流れて止まる事を知らない。
本格的に風邪を引いたようです(苦笑)

DSC09391.jpg

有り難い事に食欲は衰えていないのでバンバン食べて栄養摂取。
買って三日目、痛む寸前のマグロの中落ちを丼にしてかき込みました。

DSC09392.jpg

余ったマグロの中落ちについていた大根のツマと卵の白身を使ってかき玉汁を作りました。

食ったら寝る。
とにかく今は寝るしかありません。
日中、エアコンも無い部屋で扇風機に当たりつつ布団に包まり寝るのは想像以上に辛い(苦笑)

DSC09394.jpg

昼食はカレーライス。
喉が痛い時にこのオリエンタルの辛味のまったく無いまろやかカレーは実に有り難い。


DSC09396_20190827231940817.jpg

晩ご飯は野菜スープ。
ニンニク4片、玉ねぎ一個、ネギ一本、ニラ半把、ショウガの冷蔵庫にあった風邪に効きそうな野菜類とソーセージ、卵を使ったスタミナ野菜スープで精をつける。


とにかく寝て食べて休む事に注力を注ぐ。
[ 2019/08/27 ] 食の記録 | TB(-) | CM(0)

七月三十一日の食の記録 夏風邪

起床、身体に違和感を感じる。

とりあえず溜まっていた洗濯物を片付ける為に洗濯機を回す。
洗濯物を干した後に部屋の片付けもしようと思ったのですが倦怠感があるので止めておきました。

その後は母の付き添いで病院に行ったのですが悪寒に襲われ大変に不快。

DSC09374.jpg

帰宅後に塩ラーメンにニンニク三粒、ネギ一本、ニラ半把、卵を投入した超スタミナラーメンを作って平らげてから就寝、体力の回復を図る。

しかし夕刻、どうにもこうにも気分が悪く、此れはヤバイ奴だ、と本能が察知したので病院に行ってきました。 
薬貰ってきたのでとっとと投薬。 

DSC09384.jpg

昨日の鯛の尾頭付きの刺身の大根のツマで作った大根餅を食べて就寝。
明日起きたら回復していますように…
[ 2019/08/27 ] 食の記録 | TB(-) | CM(0)

七月三十日の食の記録 武蔵野うどん

イベントの手伝いをしてくれた彼女を送って埼玉で行きました。
その際にお昼をご馳走になったのですがー

DSC09359.jpg

「竹國」と言うお店の武蔵野うどんが大変に美味でありました。

DSC09360.jpg

うどんのコシがとにかく強くてブリブリのもっちもち! 此れは癖になる味わいです。

DSC09361.jpg
DSC09365.jpg

今回は「うま辛汁うどん」を頂いたのですが濃厚なつけ汁とボリューム感ある具材が極太麺に実にマッチして大変美味でありました。

詳細は後日、最近更新が止まっている(苦笑)ブログの「うなむーの食べある記」にて。



その埼玉からの帰りに身体に異変を感じる。
鼻の奥が痛痒いのであります。
何かイヤな予感がしたんですよね…

DSC09370.jpg

そんな訳で豪勢に鯛の尾頭付きの刺身など買って日本酒で殺菌消毒を試みました(笑)

さて、その結果は?
[ 2019/08/27 ] 食の記録 | TB(-) | CM(0)