2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







大阪府大阪市 金龍ラーメン 難波千日前店 ラーメン

ラーメン食べある記440杯目。
今回は何時もの地元をガッタンゴットン飛び出しまして大阪までやって来ました!

DSC03445_20170322111724f0b.jpg

イベント参加の為に青春18きっぷを使ってはるばる大阪までやって参りました。
や~大阪の難波は実に賑やかですね!
友人と大阪の夜を楽しみ、宿に帰る途中で見つけましたのが此方、「金龍ラーメン難波千日前店」さんです。
派手な外観に個性的な店内、実に大阪らしいこのお店、一目で気に入りまして即入店しました。

DSC03446_20170322111726e35.jpg

まずは券売機で食券を買い求めます。
むむむ、なんと品書きはラーメンとチャーシューメンの二種類しかありません!
なんと言う潔さ、ますますこのお店が好ましく思えました。

DSC03447.jpg

それにしても変わった店内ですね。
此方で言うところの「小上がり」が幾つも島になっているような感じ。
こんな賑やかな町の繁華街で畳の上でラーメンが食べられるなんてちょっと不思議な感覚です。

DSC03449.jpg

カウンターにはキムチやニラ、おろしニンニクが置かれていましてこれらは無料のサービスなのだとか!

DSC03450.jpg

更にはご飯まで無料、お代わりし放題!!!
周りを見てみると皆さんご飯の上にキムチを山盛りにのせて美味しそうに頬張っています。

店内を観察しておりましたら注文時に渡された札の番号を呼ばれました。

DSC03451_2017032211173205f.jpg

はい、此方が金龍ラーメンのラーメン 600円です。
おおおお、豚骨ラーメンでしたか!
そう言えば大阪といえば日本三大都市の一つですが「大阪のラーメン」と言うのが無い様な気がしますね。
大阪の麺文化はうどんが中心なのでラーメンは独自発展はしなかったのかな?

まあ、そんな事はどうでも良いので頂きましょう~

ちなみに帰宅してから分かった事なのですがお店的には最初からニラやキムチをラーメンに入れないでまずはラーメンそのものの味を味わって欲しいとの事。
わたし、最初から全部投入してしまいました(苦笑)

DSC03455.jpg

スープは豚骨が主体で鶏がらも使っているとの事。
豚骨スープって呑んだあとの胃袋にしみる味わいなんですよね~
じわ~っと胃壁にしみこむような旨さ!
コッテリしすぎずに程よい濃さが好印象でした。

DSC03457.jpg

麺は細めのやや捻りの効いた直麺でスープに良く合っております。
そう言えば替え玉はお願い出来たのかな???

DSC03459.jpg

具材は

チャーシュー 三枚

もやし

刻みネギ


内容は簡素ですがチャーシューは三枚も入っているし無料のニラやキムチもありますので物足りなさは感じませんね!
スープにご飯を入れて雑炊にしてもとても美味しかったですよ。


金龍ラーメン 難波千日前店

ラーメン 600円


2017年3月10日訪問

金龍ラーメンさん、大阪では有名なチェーン店なのですね。
大阪のあの立地でチャーシューが三枚入ったラーメンが600円とはかなりお値打ち!
無料のキムチやライスなどサービスも満点!さすが食い倒れの町と言う所でしょうか。

大阪来訪の機会がありましたらまた行きたいですね!!!

スポンサーサイト

東京都台東区 天竜 味噌ラーメン 他

ラーメン食べある記435杯目。
今回は何時もの地元を離れて東京のラーメン屋さんに行って来ました。

DSC03213.jpg

この日は取引先の会社で打ち合わせがありましたので上京しておりました。
打ち合わせの前に腹ごしらえ、と言う訳で社長さんお勧めのラーメン屋さんに行ってみる事にしました。

おおお、なんと言うか古き良き昭和の雰囲気が濃厚な佇まいが実に私好み。
なんと言うかある意味で都会的、一軒屋タイプのお店が多い地方とは一味違いますね。
さて、それでは入店〜

店内はカウンター席と小さなテーブル席があり、奥に細長い作り。
10人以上入ればぎゅうぎゅうになりそうな感じですね。
昼時と言う事もありまさに店内はその状態、運よくあいたカウンターの席にコシを落ち着けます。

壁に掲げられた品書きを見ると醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩バターラーメン、それからラーメンと言う文字。
…醤油ラーメンとラーメンは違う物なのでしょうか???

周りのお客さんを見ればそれぞれの好みのラーメンを抱え旨そうに啜っております。
どれも此れも実にそそりましたがこの場所を教えてくれた社長さんお勧めの味噌ラーメンを注文する事にしました。

DSC03198_20170314183622171.jpg

はい、此方が「天竜」さんの味噌ラーメン700円にチャーシュー一枚150円、玉子60円を加えた物です。

…フム、意外と見た目は地味、と言うか大人しい感じでありますねぇ。
しかし大変に食欲をそそる良い匂いがいたします!

DSC03201.jpg

まずはスープを一口…

おおお、これは旨い!
濃すぎもせず、薄すぎもしない実にちょうど良い塩梅。
しかしながらしっかりとした旨みとコクを感じさせる味わい。
炒め野菜や香味野菜、肉のうまみが加わった味噌スープはいにしえに一世を風靡したあのサッポロラーメンを彷彿とさせますね。

DSC03202.jpg

麺は中細の縮れ麺。
これまたサッポロらしい黄色の卵麺はツルシコモッチリな啜り心地。
濃すぎない味噌スープに良く合っております。

DSC03204.jpg

具材は

もやし

挽肉


以上が主体で実に簡素。
テーブルに置かれたラー油などで辛味をつけて食べると最高に旨い!

DSC03208_20170314183642fab.jpg

丼の中を探ってみるとチャーシュー片もちらほらと出て来ます。

DSC03210_20170314183644fad.jpg

そして此方は追加で注文したチャーシュー 150円

いや、もう、物凄い迫力!
長さ15センチ以上。厚み1.5センチはありました。
此れだけで並のチャーシュー麺以上の量はありますよ!
ちなみにチャーシュー麺を頼むとこのチャーシューが三枚乗ってくるとの事、
社長さんが「くれぐれもチャーシュー麺を頼んじゃダメだよ!」と、注意喚起してくれた理由が分りましたね(笑)

DSC03207.jpg

此方も追加注文した茹で玉子60円。

DSC03199.jpg

これ等の別注文の具材はこれまた別注文のご飯の上に移動させまして〜

あ、ちなみにこのお漬物が大変に美味しかった事もご報告申し上げます。

DSC03212_20170314183645562.jpg

はい、チャーシュー丼の完成です!
味噌スープを少々振り掛けつつメシ、チャーシュー、卵を頬張れば 一気に魂が浄化され涅槃に辿りつく事間違いなし。

人々よ、恐れるな!
麺とご飯の至高の組み合わせで幸せを堪能したらその分運動しまくって成人病をぶっ飛ばせ!!!(笑)


サッポロラーメン 天竜

味噌ラーメン 700円

チャーシュー1枚 150円

茹で玉子 60円

ライス 200円


2017年2月23日訪問



大変に美味しゅうございました。
味、ボリューム共々大変に満足致しました。
お店はJR浅草橋駅近くにありますので近くにお越しの予定がありましたらぜひとも味わって頂きたく。
私は次に醤油を食べるか塩バターを食べるか、今から迷っておりまする(笑)

東京都 名代富士そば しのばず店 煮干しラ-メン

ラーメン食べある記428杯目。
2016年最後のラーメン食べ歩きは東京都台東区にあります「名代富士そば しのばず店」さんになりました!

DSC02593.jpg

以前インターネットで「あの富士そばでラーメンが食べられる」と言う情報を得、是非とも行ってみたいと思っていたんです。
富士そばと言えば立ち食いそば屋の雄、もちろん蕎麦が主力の商品であるのですがラーメンも扱っていると走りませんでした。
ただし店舗限定との事、其処で乗り放題切符を活用してここ、上野までやって参りました。

早速店内へ。

立ち食いそば屋らしくカウンターのみのかなり窮屈な店内ですが実は全席椅子が装備されております。
券売機にラーメンの文字を発見してまずは一安心、早速購入します。

DSC02585.jpg

はい、此方が「名代富士そば」さんの煮干しラーメン 450円です。
さすが富士そばさん、五百円玉でおつりが来る価格設定に感激!
そして価格の割には賑やかな具材にも感動です!(笑)

DSC02588.jpg

ピンボケで申し訳なく(苦笑)
スープはその名のとおりに煮干しが主役。
や、煮干しより鰹節などの節系のほうがやや強く感じますかね。
ともあれ蕎麦屋さんらしい魚が主役のスープです。
これは旨いですよ~
濃厚なのですが脂感がないので意外とさっぱり飲めてしまいます。

DSC02589.jpg

麺は中細のやや縮れ、冷凍麺を使っていました。
が、最近の冷食のラーメンなどは侮れませんからね。
多聞に漏れず、違和感のない美味しい麺でしたよ。

DSC02591.jpg

具材は

チャーシュー 二枚

茹で玉子 半個

シナチク

なると

ワカメ

刻みネギ



素晴らしい品揃えです! 450円で此処まで揃えてくれたら文句のつけようがありません。
特に茹で玉子となるとには感動しました!(笑)



名代富士そば しのばず店

煮干しラーメン 450円


2016年12月30日訪問


価格、味わい、具材の全てに満足です!
ひとつだけ苦言を呈すると言えば…ちょっとスープが温かった事。
熱々の状態で食べられたらもう百点満点だったのですが。
しかしお勧めのいっぱいであることは間違いなし、お蕎麦が美味しい富士そばさんですが
もし、ラーメン取扱店に入ったと言う幸運に恵まれましたら是非ともお試しいただきたく。



東京都台東区 野郎ラーメン浅草橋店 野郎ラーメン

ラーメン食べある記403杯目。
今回は前回訪問時、カメラを忘れると言う失態をしてしまったJR浅草橋駅前の
野郎ラーメン浅草橋店に再訪して来ました!

DSC09775.jpg

今回も所用で上京していたのですが野郎ラーメン浅草橋店は駅から直ぐの立地でとても便利ですね〜
しかし浅草橋周辺にはこの野郎ラーメンさん以外にも美味しそうな、気になるお店が其処此処に!
浅草橋には今後も訪れる機会はありそうですので準備食べある記してみたいですね。

DSC09774.jpg

こちらは店の前に置かれていた品書き。
盛りが良い、男心をくすぐるラーメンの数々が勢ぞろいしておりますが
何と「竹岡」の文字を発見!
まさかあの竹岡ラーメン???
おおお、まさかこんな東京のど真ん中で竹岡ラーメンにお目にかかるとは。
野郎ラーメン謹製の竹岡ラーメンも食べて見たいと思いましたがー

ここは、

やはり、

前回ご紹介が不十分だった、

野郎ラーメンを!!!!


次の来訪時までこの竹岡ラーメンが残っていますように~!

DSC09764.jpg

と、言う訳で販売機で食券を買い求めまして注文しましたのが此方、前回同様、野郎ラーメン730円です。
今回で二回目ですがやはりこの盛り付けは惚れ惚れしますねぇ(笑)

DSC09768.jpg

そびえたつモヤシ(と、少々のキャベツ)の山。
香ばしく炒めてあり、モヤシ単体でも実に美味しい。
このもやしとチャーシューがあればご飯一杯余裕で食べられるなぁ、なんて思ってしまいましたよ(笑)

それではまず、このモヤシとチャーシューをスープに沈めつつ頂きたいと思います。

DSC09766.jpg

スープは豚骨醤油、醤油感はやや抑え目。
たっぷりの背油が如何にもくどそうな印象を与えます。
飲んでみると骨太の濃厚さとコッテリとしたコクと甘味を感じますが、
それほどしつこくも無くクイクイ飲み進められます。

DSC09773.jpg

テーブルの上には各種調味料が取り揃えられています。
前回は食後に打ち合わせなどがありましたので遠慮していたニンニクなども
今回はたっぷりスープに加えて存分にその味わいを楽しみました!(笑)

DSC09769.jpg

麺は極太の平打ち縮れ麺。
もやは啜ると言うよりも箸でつかんでワシワシと口の中に押し込み、舌で手繰り寄せる感じ。
麺をかき込み、モヤシを押し込み、チャーシューにかぶりつく。
何と言うか、食の本能を刺激させられるラーメンでありますなぁ(笑)

DSC09771.jpg

具材は

チャーシュー 1枚

モヤシ

キャベツ



意外と簡素な具材ですがモヤシもチャーシューも並以上の量感がありますので物足りなさはまったくありません。
チャーシュー比較的淡白な味付けてしっかりとした噛み心地のある仕上がり。
薄く切ったら並のチャーシューメンほどのボリュームがあるのでは。


野郎ラーメン浅草橋店

野郎ラーメン 730円


2016年6月28日訪問



ふ〜〜〜〜ぃ、食べた食べた! 物凄い満足感です!
此れはもう、晩ごはんは要らない感じ(笑)
このボリュームであるならば730円もお値打ちに感じますね。

しかし、冒頭でモヤシとチャーシューでライスを、何て言いましたが
そんな事やったらきっと食べきれないだろうなぁ。

あああ、若かりし頃の胃袋に戻りたい…(笑)

東京都台東区 天好24 チャーハン・ラーメンセット

ラーメン食べある記 401杯目。
今回は何時もの地元を飛び出しまして東京都台東区、東京の一大観光地の浅草寺近くにあります「天好24」に行って来ました!

この日は日々の糧を稼ぐ為に浅草ので開催されていた即売会に参加しておりました。
で、昼時にご飯を食べに出た際に見つけましたのがー

DSC09670.jpg

此方の「天好24」さんです。
う~ん、建物の看板には「中国料理 天好」と、書いてあるのですがインターネットのグルメサイトを参照すると「天好24」とあります。
一応、ネット上での店名を題名に表記しております。

で!
何故このお店が気になったのか!!

DSC09671.jpg

店の前に張り出されていたこの品書き、「食べて納得 早い安い旨い」
おおお、何となく「やったねパパ!明日もホームランだ!」を髣髴させるキャッチコピーではないですか。
(ちなみに彼のCMの少年の名は「イチロー」君です(笑))

や、この天好さん、先にも言いましたが目と鼻の先の先が一大観光地の浅草寺、
周辺の飲食店と言えば観光客目当ての一般常識からちょいと軌道を外れた価格設定のお店が
跳梁跋扈する地区なのに我が地元でも珍しくなったワンコイン価格での営業!
此れには本当にビックリしてしまいました!
兎にも角にも入店です。

店内は鰻の寝床のように奥に細長く、カウンターとテーブル席の構成。
場所柄海外からのお客さんも多いようです。

まずはカウンターの席に腰を下ろし品書きに目配せします。

DSC09659.jpg

おお、おお、あります、500円のラーメンが!
主たる品書きは麺類、それに少々のご飯もの、そして餃子と言う感じ。
お得なセットメニューもありましたので今回はチャーハン・ラーメンセット 900円を選択。

DSC09661.jpg

はい、此方が天好24の豚骨ラーメン 単品で500円です。
品書きの「超濃厚」と言う触書に引かれての注文でしたが私の予想を裏切る見た目にビックリ!

むぅ、随分茶色いスープですが…此れはいわゆる豚骨醤油なのだろうか?

DSC09662.jpg

ともあれやや焦り気味にレンゲを握ってスープを啜ります。


…ほぉ。
たっぷりと豚の背脂が浮いたスープは確かにコクはあるのですが
昨今の濃厚スープに比べるとかなりさっぱり目。
醤油味はそれほど主張をせず、旨みのある豚骨がしっかりとスープ全体を支えている印象です。

おお、なるほどなるほど!

DSC09665.jpg

麺も九州風の低加水細麺でもなく、中細のやや縮れの麺。
しかし、スープとの相性や良し。

DSC09666.jpg

具材は

チャーシュー 一片

シナチク

モヤシ

なると

刻みネギ

紅ショウガ

背油


中々に賑やかしい具材たち、此れが都心の500円のラーメンとは思えない充実振りです。

チャーシューは豚のもも肉か?
ゴロッとした乱切り風に切られたチャーシューは薄めの味付け。
恐らくはどのスープのラーメンにも合うように調整された味付けなのではと。
適度な歯ごたえを残した好みのチャーシューでした。


DSC09668.jpg

こちらはセットのチャーハン。
いわゆる半チャーハンサイズですね。

チャーシュー、なると、玉子、ネギの絶対にチャーハンに入っていて欲しい出演者をそつなく揃え、
主人の中華鍋と言う舞台でご飯と賑々しく踊って完成したチャーハン。
ふっくら香ばしく、主人の腕の確かさが伺える味わいでした。


天好24

チャーハン・ラーメンセット 900円


2016年6月19日訪問




店構えからしてかなりの歴史があるように思えるお店でしたが
味わいも昭和の良き時代を思わせる郷愁の味わいでした。
あの立地で一杯500円のラーメンを食べられる幸せを噛み締めながら頂いて欲しいと思う次第であります。