2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07







君津市 なかぱんカフェ チーズキーマカレー 他

うなむーの食べある記544店目。
今回は君津市外箕輪にあります「なかぱんカフェ」さんに再び行って来ました。

DSC03710.jpg

前回の訪問ですっかりなかぱんさんのカフェがお気に入りになりましたワタクシ、今回はカレーを頂きにやって参りました。
中村屋のカレーと言えば新宿の中村屋のインドカレーが有名ですね!
私も若かりし頃に食べた記憶があります。
君津のなかぱんにもチキンカレーがありますので其方を注文しようかとも思ったのですがー

DSC03699_20180621220318a8c.jpg

今回は此方、より安価なチーズキーマカレー スープ・サラダ付き 480円(税抜)を頂きました。
スープとサラダつきでこのお値段、嬉しい限りですね~

DSC03700.jpg

はい、ドンと寄ります。
ライスの上に挽肉のカレーソース、そしてたっぷりのチーズがのせられ、彩にはパプリカが添えられています。
そしてじっくりと焼かれてチーズが熱々のトロトロに為っております!
グラタンのようにも見えますね。

DSC03701_20180621220315cdd.jpg

容器がこの間食べたビーフシチューのサイズですので成人男性が食べるにはややボリューム不足かな?

DSC03702_20180621220314d71.jpg

スパイシーな挽肉カレーとチーズの組み合わせが実に美味!
カレーライスと言うよりもドリア的な食べ物になっていますね。
これは旨い~ モリモリとどんぶり一杯食べたいところ!!!(笑)

DSC03709.jpg

サラダはビーフシチューに付いていた物と同じですがドレッシングが違いますね。
今回はフレンチドレッシングが使われていました。
スープはコーンポタージュでしたがこれも実に美味しかったです!

さて、これでは食い足らない私はー

DSC03704_20180621220312d22.jpg

揚げ立てカツバーガー 188円(税抜)も注文。

DSC03705_20180621220311809.jpg

中身は揚げたて熱々のトンカツとレタス。

DSC03706_2018062122031063b.jpg

此方も小振りなサイズなので単品だと物足りないかと思いますが、今回のように副菜として食べるならちょうど良い大きさになりますね。

DSC03708_201806212203099c6.jpg

ソースにはとんかつソースとマヨネーズが使われていました。
揚げ立てサクサクのトンカツとシャキシャキレタス、香り豊かなバンズの三重奏が口の中で弾けます!
これも旨いですな~
なかぱんにハズレ無しか!!?(笑)


なかぱんカフェ

チーズキーマカレー 518円(税込)
揚げ立てカツバーガー 203円(税込)

2018年6月12日訪問


どちらも美味しかった~ 双方合わせても700円ほどで大満足です!!
次はやはり名物のチキンバスケットとピザを食べてみようかと~

スポンサーサイト

君津市 WINE Sta HIBINO あんかけパスタ 他

うなむーの食べある記543店目。
君津市東坂田の「WINE Sta HIBINO」さんに行って来ました。

DSC03698_20180616183414cab.jpg

場所は食べある記で以前にも紹介しております「ラーメンけいちゃん」さんのお隣です。
尾張屋で買い物をした時にふと「この辺の呑み屋さんでランチ営業しているお店は無いかなぁ」とフラフラしている時に路上に置かれた看板を見つけました。
そして私はその目を疑ったのです!

DSC03612_20180616183413ad1.jpg

なんと!「あんかけパスタ」がメニューに書かれているではないですか!!
あれほど恋焦がれた名古屋名物のあんかけスパゲッティ。
本場名古屋まで食べに行き、地方出張の機会があれば名古屋に立ち寄り乾麺とレトルトソースを買い込み自宅で楽しんでおりました。
されど関東圏では気軽に食べられない悲しみ。
名古屋移住を考えるほどに愛してきた「あんかけ」を供するお店がまさかまさか地元で食べられるとは!!!

私は路上で狂喜乱舞致しました。

早速飛び込みたかったのですがその時の私は既に食事後でありまして…
その翌日のランチタイムに再び訪問したのですが生憎満席、待とうとも思ったのですが本降りの雨で断念。
その数日後、我が朋友を連れたってようやくの入店と相成りました。


まだ真新しさを感じるお店。
聞けば先週オープンしたばかりなのだとか。

店内はそれほど広くは無く、カウンターと二人掛けのテーブルが二つ。
品書きにサッと目を通すとワインステーション、の名の通りアルコール類は世界各国のワインが中心。
おつまみ類も生ハムやチーズの盛り合わせ、レバーパテなどワインと相性の良さそうな物が取り揃えられている中に名古屋名物の味噌カツがあるあたりやはりお店の方は名古屋出身なのではと考える。
店の外に置かれた開店を知らせるパトライトも中京圏独特の習慣だし。

DSC03652.jpg

朋友と二人掛けのテーブル席に腰を落ち着け品書きを確認、うんうんあるある!
私は当然あんかけパスタの大盛を注文、朋友は鉄板ナポリタンを注文。
鉄板ナポリもあんかけに並び賞される名古屋の名物スパですね。

DSC03656.jpg

更にあんかけスパ君津上陸を祝して生ビールの大750円で祝杯を挙げました(笑)

DSC03657_20180616183423566.jpg

程なくタバスコや粉チーズが運ばれて来ましたが、ハウス型の容器がなんとも愛らしいですね~

DSC03659.jpg

さて、此方がHIBINOさんのあんかけパスタ大盛、850円です。
通常の盛りは麺が200g、大盛は300gになります。
さて、お味はいかに!?

DSC03660_2018061618342105f.jpg

あんかけスパ最大の特徴であるあんかけソース。
名古屋からは遠い君津の地であるし、もしかしたら市販のレトルトのソースを使っているのでは?
と言う懸念も食べる前にはあったのですが直ぐに払拭、お店オリジナルのあんかけソースでありました!
野菜の甘みがふんだんに生かされ、酸味とスパイシーさが抑えられたマイルドな味わい。
本場の物と比べると胡椒の効き具合がかなり抑えられています。
これはあんかけを食べなれない房総人への配慮か?
しかしご安心なされよ、本場を知るマニア用(笑)にタバスコ、粉チーズと共にペッパーミルも供されていますので思う存分味の調整が利きますよ。
私はもちろん、胡椒たっぷりで頂きました!

DSC03661_20180616183418810.jpg

麺はやはりこうでなくては! の極太麺。
名古屋では2.2ミリの極太パスタをあんかけスパに使うのが定番と為っておりますがちゃんと踏襲されていました。

DSC03662_20180616183418d60.jpg

具材は

赤いウインナー

玉ねぎ

ピーマン

マッシュルーム

コーン

名古屋で言うところの「ミラカン」でありましょう。
ミラカン、インターネットで調べてみて下さいね(笑)


若いご主人に伺うとソースは奥様の手造り、なんでも名古屋のお店で働いていたとの事。
なるほど、やはり基本は本場の味なのですね!!!
ワインステーションヒビノは房総で本場名古屋のあんかけの味が楽しめる奇跡のお店でありました!!!


WINE Sta HIBINO

あんかけパスタ 大盛 850円
生ビール L 750円

2018年6月9日訪問


うん、実に美味しかった!
有名なスパゲッティハウスのヨコイやチャオとはまた違った味わいでありましたね。
今後この味が末永くこの地に根付く事を期待しております!
名古屋名物のあんかけスパゲッティを食べたことの無い方はこの機会に是非!!!

DSC03664.jpg

此方は朋友が注文していた鉄板ナポリタン。
熱々の鉄板の上に置かれたナポリタンに溶き卵を流し込んだ名古屋の名物スパ。
次は此方を頂きたい所です…が!
やはりあんかけが食べたいなぁ。

う~~ん、悩ましい…

君津市 元祖九州ラーメン日吉 大和田店 ラーメン大盛 他

うなむーの食べある記542店目。
今回は君津市大和田になります「元祖九州ラーメン日吉 大和田店」に行って来ました。

DSC03611.jpg

イベント遠征で疲れた体を癒すためにやって参りました私の心のオアシス、日吉さんです。
もう何回この食べある記で紹介したでしょうか?
毎度毎度同じ様な紹介文になってしまいますが宜しくお付き合い下さいませ。

DSC03602.jpg

入口でおばあちゃんにおでんを注文。
スジ2本に厚揚げ、卵が何時ものセレクト。

そうそう、気になっていた事があったので今回確認したのですが、
瓶ビールなどがこの間値上がりしましたよね。
はたして日吉のビールはどうなっているのでしょうか?
品書きに目をやると瓶ビールは500円!価格は据え置かれたままでありました!!!
嬉しいですねぇ〜、本当に嬉しい!!
ありがとう、ありがとう日吉さん!!!

DSC03603_20180613232210e54.jpg

おでんを味わった後は何時ものラーメン大盛 320円です。

DSC03605_201806132322099b5.jpg

あっさりとした豚骨スープ。
豚骨といえばこってり、と言う最近の常識を覆す味わいであります。

DSC03607_201806132322070a5.jpg

そして日吉自家製のストレート細麺。
これまたバリカタを是とする最近の風潮を覆す柔らかな食感。

あっさりとした豚骨スープと優しいやわ麺、此れが日吉のラーメンの魅力なんですな〜
あ、私はこの組み合わせが好きですが、味や麺の固さはお好みにオーダー出来ますよ。

DSC03609_20180613232206396.jpg

具材は

チャーシュー 1枚

もやし

キクラゲ

海苔

刻みねぎ



此れだけ揃って大盛320円は本当にお値打ち!
君津に住んでいて本当に良かった〜


元祖九州ラーメン日吉 大和田店

ラーメン大盛 320円

スジ 90円

厚揚げ・卵 80円

2018年6月5日訪問


ふう、今回も心と胃袋が癒され、満たされて参りました。
このオアシスがある限り仕事をがんばれます!
疲れたらまた来ます!日吉さん!!!

君津市 なかぱんカフェ ビーフシチュー 他

うなむーの食べある記541店目。
今回は君津市外箕輪にあります「なかぱんカフェ」さんに行って来ました。

DSC03473_201806101527483b3.jpg

なかぱんさん、君津にお店が出来てから随分経ちます。
これまでパンを買いに行った事はあるのですがカフェを利用した事は無かったんです。
が、色々な方から良い評判を聴いておりましたので今回、満を辞しての来店です!

まずは店内のテーブル席に腰を下ろして席を確保。

DSC03463_20180610152803217.jpg
DSC03464_20180610152800283.jpg

それからメニューを確認。
ほほう、意外としっかりとした食事系も揃っているんですな~
しかも安い、格安ですよ!!!
期待値がどんどん上昇します。

注文を取りには来てくれませんので自分でレジに行って注文をお願いします。

DSC03465_20180610152759a19.jpg

まずはこちら、なかぱんさんのビーフシチュー 500円(税抜)!!!!
え~~~~っ!!!税込540円でビーフシチューが食べられるのですか???
しかもパンとサラダ付きですよ?

DSC03466_20180610152757c21.jpg

ビーフシチューは大き目のカップスープくらいのボリューム感。
ソースはとろみは無く、スープの様な感じ。
しかしその味わいは牛の旨みとデミグラスソースのビーフシチューそのもの。
大きなじゃが芋と人参も入っています。

DSC03469_201806101527537b4.jpg

カップにスプーンを入れて具をさらってみると底から牛肉の塊がゴロゴロ!!!
正直、価格から牛肉の存在は期待していなかったのですが救えば底からどんどん出てくる牛塊肉に驚愕!!!
全部で8個くらいは入っていたのでは?
少々固めのお肉でしたが値段を考えれば実に充実した具材でありますね。

DSC03467.jpg

サラダはレタスとキュウリとトマト。

DSC03468_2018061015275401d.jpg

パンは選ぶ事が出来ますが今回はロールパンを選択。
パンは温められていてアルミカップに入ったバターを乗せるととろりと溶け出します。
このロールパンとビーフシチューの相性が実に宜しくて、此れが500円程度で食べられる幸せを噛み締めつつ頂きました。


が! やはり成人男性には量的にちょっと物足りないのは事実。

DSC03471.jpg

そこでもう一品注文しましたのは此方、ピザトースト 228円(税抜)です。
厚切りのトーストにたっぷりのチーズ!
このピザトーストが300円以下なんて本当に信じられません!!!


ピザトーストをDSC03472.jpg
食べるの、実に久し振りです。
宅配ピザ屋さんが出来てからは中々食べる機会がなかったですものね。

サクサクの厚切りトーストにとろりとした熱々のチーズ、
ハムにパプリカ、ピーマンの具材とピザソース、何となく郷愁を感じる味わいでした~


なかぱんカフェ

ビーフシチュー 540円

ピザトースト 246円


2018年5月24日訪問


いや、噂に違わぬ安くて旨い料理の数々でした。
これはもう通い詰めて全メニューを制覇したい位です!
次はカレー系を攻めて見たいと思います、乞うご期待~

君津市 じょあんどーる21 オムライスデミソース 他

うなむーの食べある記540店目。
今回は君津市外箕輪にあります「じょあんどーる21」さんに行って来ました。

DSC03316.jpg

個人経営の洋食レストランとしてはかなり大きなお店ですね。
君津でもう二十年以上も営業している老舗のレストランですが入店は初めて!
ラーメンの食べ歩きばかりしていたら絶対に縁の無かったお店だと思います。

縁は無い、絶対に。

…絶対と言う事は無いんだなぁ、と思い知らされた今回の報告です。


お店の雰囲気は気取らないカジュアルなレストランと言った感じ。
私みたいなオッサンが一人では行って良いものかと躊躇したのですが、
いざ店内に入ってみると地元のオバサン、おじさんなどが寛ぎ、食事を楽しんでいてちょっと安心。

DSC03296_20180607144501e17.jpg

まずは此方、オムライスデミソース 900円。
最近はメニューにあると高確率で注文してしまいます、オムライスを。
サラダ、スープ付きであります。

DSC03297_20180607144500a99.jpg

アップでドン!
トロットロのオムレツにデミグラスソース、そして塊の牛肉!
実に、実に贅沢ですな~
上に乗っている葉はバジルでした。

DSC03302.jpg

さて、スプーンを入れて断面を鑑賞致します(笑)
分厚いトロトロ卵の中には食欲をそそる赤いケチャップライスが収まっています。
具材は殆ど目立ちませんがみじん切りのハムと玉ねぎの存在は確認出来ました。
ちょっと寂しい内容ではありますがー

DSC03304.jpg

その分この牛肉の存在が大きいですね!
デミソースで煮込まれた柔らかな牛肉は口の中に入れればトロリ、ホロリと崩れて肉のうまみが口の中いっぱいに広がります。
デミソースを卵とライスにたっぷり絡めて食べれば正に口中の悦楽!贅沢な味わい!
いや、美味至極であります。

DSC03298_201806071444585d9.jpg

サラダも実にお洒落!
レタスや水菜、カリフラワーや豆類など実に賑々しく、和風のドレッシングもとても爽やかで美味しかったです。


で、もう一品頼んだ物があるのですがー

DSC03305_201806071444548eb.jpg

じょあんどーる21の醤油ラーメン 700円です!!!!

私は冒頭にこう書きました、「ラーメンの食べ歩きばかりしていたら絶対に縁の無かったお店だ」と。


あるじゃないですか、メニューにラーメンが!!!
どうしたんだ、私のラーメンレーダーは!!!
どうしたんだ、千葉のラーメンマニア達よっ!!!



いや、ソレも無理からぬ事。
だれがどう見たってラーメンが食べられるお店だとは思わないですよね。
それではワタクシがラーメンレポート第一号の栄光に与らせて頂きましょう!!!(笑)
(先にレポートしている人がいましたらゴメンなさい!)


先ほども書きましたが醤油ラーメンは700円。
種類はこのほかにはハーフラーメンと冷やしタンタンメンがあるだけでありました。
麺類的にはソバ、うどんがありましたがそうめんがあるのがとても珍しいと思いました。
どれもが洋食レストランには少々珍しいメニューですよね。


DSC03307.jpg

スープは琥珀色の醤油味。
洋食屋さんのラーメンなのでもしかしたらフォンドボーでも使っていたりして?
と思ったのですが極々普通の鶏豚系。

DSC03309.jpg

麺はやや幅広の縮れ麺。
つるりとした食感が良く、麺の凸凹が唇をくすぐります。

DSC03312.jpg
DSC03313_2018060714444787d.jpg

具材は

チャーシュー 二枚

シナチク

茹で玉子 一個分

わかめ

刻みねぎ


大きなロールチャーシューが印象的。
玉子は一個分入っているのがちょっと嬉しかったですね。



じょあんどーる21

オムライスデミソース (サラダ・スープつき)900円

醤油ラーメン 700円

2018年5月14日訪問


いやはや、本当にラーメンの存在にはビックリ致しました(笑)
てっきり洋食オンリーのお店だとばかり思っていましたからね。
しかし、カジュアルなファミレス的存在と考えればそば、うどん、ラーメンもなるほど、と納得したりしなかったり(笑)

さて、お次はラーメン注文のせいで食べ損ねたナポリタンを食べに来たいですね!