2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







九月十二日の日記 今宵もカニ漁

此れまで愛用していたブログのテンプレートですが表示等に不具合が出るようになりましたので違うテンプレートに変えてみました。



朝ごはん

DSC01256.jpg

キノコと小松菜のスパゲッティ アヒージョ風味

先に作りました四種の茸炒めと小松菜、以前食べた牡蠣のアヒージョの残り油を使ってスパゲッティを作りました。


昼ごはん

実家で塩むすび1個 ひねり揚げ(スナック菓子)


晩ごはん

スガキヤの味噌煮込みうどんの即席めん

夜などはすっかり秋めいてきまして鍋などの煮込み料理が美味しく感じるようになりましたね~



さて、今夜も川に出かけましてカニ籠を仕掛けてまいりました。

イワシの頭と内蔵を餌にしまして日が暮れてから川にカニ籠を投げ込み、翌日の夜明け前に引き上げます。
夜が明けてしまうとカニ籠が早起きの釣り人さん達の邪魔になってしまいますからね。

DSC01267.jpg

今日の漁の成果はメスのモクズガニが二匹。
一人で食べる分には十分ですがもう少し取れてくれると両親やご近所様にもおすそ分けが出来るのになぁ(苦笑)

今回はテナガエビも一匹取れたのですが卵を抱いたメスだったので資源保護の為にもそのまま放免、
たくさん小エビを孵していっぱい増えてくれよ~


そうか、テナガエビ用にもっと網の目が細かい籠を仕掛けてみようかなぁ。


持ち帰ったモクズガニは2~3日程綺麗な水で生かしておき、泥抜きをします。
モクズガニはメスの方が美味しいので楽しみですね!



スポンサーサイト
[ 2016/09/15 ] 野外生活 | TB(-) | CM(0)

八月十二日の日記 三十八台

横浜午前三時。
親友宅で目を覚ます。
や、昨夜は少々呑み過ぎましたな、少々頭が重いです(苦笑)
のろのろと出発準備を整えて親友宅を出発。

今回我々が行くキャンプ場は予約不可の早い者勝ち、
なので出発もなるべく早くにしようと言う訳で夜明け前のこの時間での出発となったのです。

東名高速に乗り、連絡自動車道を経て中央道へ。
盆時期とは言えこの時間帯はまだ渋滞も始まっておらず快適にドライブ出来ます。
途中談合坂SAで朝食。

DSC00611.jpg

初めて「すた丼」なるものを食べましたが実に美味しいものですねぇ!
すっかり気に入ってしまいました。

そこから中央道を河口湖方面に分岐、高速道路を降りて一般道を走りキャンプ場にたどり着いたのは開門の1時間前でした。
いや~流石に涼しい! 気温は19度しかありません。
街中のあの猛暑が嘘のようです(笑)
此れは快適なキャンプ生活がおくれますよ!!!
富士山の見える涼しい湖畔で昼まっからビール!く~~~~っ!!!
これから始まるキャンプ生活に期待が高まります


が~っ!


キャンプ場の前には長い長い車の列!
え?こんな時間にもう此れだけの車が並んでいるの?

焦る私たち。

道路横の歩道には赤いロードコーンが置かれておりそこには「本日入れ替えは車30台分です」との事。
昨日からキャンプ場は満員御礼、本日チェックアウトするのは車30台分と言うことなのでありましょう。

急いで車を降り、前に止まっている車の数を数え始める。

一台、二台、三台、十台、二十台・・・・三十台・・・・・・・三十八台(汗)


駄目じゃん!!!!(号泣)

此れまでも何度もお盆時期にこのキャンプ場を利用した事はありましたが入れないって事は一回もなかったんですよ。
予約も要らないしお気に入りのキャンプ場だったのですがー


無念。


この時期、このタイミングで他のキャンプ場が開いている訳も無く、
早朝の為観光施設もお土産屋さんも開いていません。
折角なので少し待って温泉でも入って行こうとも考えたのですが
今の内ならば渋滞に引っかからずに帰宅する事も出来る、そう考えてさっさと来た道を引き返す事としました。

数時間後には横浜の親友宅に到着。
折角積み込んだ荷物を降ろし、買い込んだお酒と食材を使ってクーラーの聞いた部屋で宴会開始。



あ~、結局今回のバカンスは400km走ってすた丼食べに言っただけになってしまいましたなぁ。
何ともむなしい盆休みとなってしまいました(涙)




[ 2016/08/15 ] 野外生活 | TB(-) | CM(1)

八月十一日の日記 前夜祭

薬のお陰で熱は下がりましたがお腹は相変わらずボブスレーの様な有様(苦笑)
やはり刺身を食べて大酒呑んで半裸で布団もかぶらずに寝たあの日の晩が宜しくなかったのであろうか?(苦笑)

ともあれ、キャンプの出発準備を整えます。
熱は下がったんだから何とかなるでありましょう、道中にもキャンプ場にもトイレはあるのだし
いざとなったらキジ撃ちにでも行きますよ(笑)

DSC00599.jpg
DSC00598.jpg

ミゾレとキビが仲良く並んで寝ております、まるで親子の様ですね。

DSC00600.jpg
DSC00601.jpg

しかし以前にも言いましたが同じキジトラでも明確に色合いが違います。
雌猫のミゾレは茶色ががっいていますしキビは全体的には灰色系です。
これは毛の色が三色まで作れるメスと二色しか作れないオス猫との差なのでしょうね。
ミゾレは白、黒、茶色、キビは白と黒。
中々に興味深い猫学でありますね。


朝ごはん

DSC00604.jpg

ベーコンエッグのせ朝食味噌ラーメン

件のイサキとささ身のスープに豆板醤、赤味噌、八丁味噌を合わせて味噌スープを作り、
フリップスヌードルメーカー謹製の麺、炒めキャベツ、ベーコンエッグをのせて
朝ごはん風の味噌ラーメンを作りました(笑)


昼ごはん

抜き


晩ごはん

荷物を愛車、コアラ号に積み込み、まずは横浜在住の親友宅へ。
親友の荷物を車に積み込んでから行きつけの焼鳥屋さんで前夜祭。
明日からの楽しいキャンプ生活に思いを馳せます!





そうそう、キビの体重がとうとう1キログラムになりましたよ!

DSC00608.jpg

保護時の体重が550g、ほぼ倍になりました。
いや〜良く食べますもの!
食べた分がそのまま血肉に為り、成長している感じです。
この調子でどんどん大きく育ってくれよ〜





とーちゃんはちょっと子育てに疲れたのでばーちゃんに猫たちの面倒をお願いしてバカンスに行ってきます!!!




[ 2016/08/14 ] 野外生活 | TB(-) | CM(0)

八月八日の日記 カセットガスで冷える

お盆休みに友人達とキャンプに行こうと言う話になりまして。
久々のキャンプです、しまいこんでいた様々な装備を点検、整備をして使えるようにしておかなければ!

まずはテントや寝袋など布系のものは収納袋から取り出して陰干しをします。
ランタンやストーブなどは整備をしてちゃんと使えるかどうかをチェック。
コッフェルなどの鍋類も洗って干しておきましょう。

そしてー

なんと言っても夏場のキャンプで一番重要なのはクーラーの存在です。
断熱材で作られたクーラーは特に手入れなどしなくても良いのですが
我家のクーラーは冷蔵クーラー、そう、保冷材などを必要としない自ら冷えるクーラーなのです!
冷やすために必要なエネルギーは家庭用コンセント、車様のシガーライターソケット、そしてカセットガスが使えるマルチエネルギーなクーラーなのです!

カセットガスでどうやって冷やすのか、不思議ですよね~(笑)

で、そのクーラーを5~6年ぶりに引っ張り出してみたのですが物凄い状態です(苦笑)

DSC00532.jpg

整備をする為に背面パネルを外してみたのですが機関部は猫の毛だらけ(汗)
そういえばこのクーラーの上で猫たちが良く昼寝をしていたっけ…
こんな状態では動くのかどうかさえも実に怪しい(苦笑)
ともあれ掃除をして猫の毛を取り除きましょう。

DSC00533.jpg

刷毛と布巾を使って出来うる限り猫の毛と埃を除去。
フム、大分ましになりましたね。
しかし購入してから20年くらい経ちますので熱交換器に大分サビが目立ちますね。
近い内にさび止め処理をしておかないと…

DSC00535.jpg

…とーちゃん、今日は急がしそうでボクにちっとも構ってくれないんだ。


(苦笑)


さて、まずは使用出来るかどうか試験をしてみましょうか。

カセットガスをセットして点火作業を行います。

一回、二回、三回…点きません(汗)
長めにダイヤルを押し、ガスを充満させてからいッッ気に点火スイッチを入れます!

ボンッ!
と小さな爆発を伴ってようやく火をつけることが出来ました。

DSC00536.jpg

点検孔から着火を確認。
そう、カセットガスはバーナーの燃料として必要だったのです。
このバーナーで冷却用の触媒を過熱、気化、それを熱交換器を通して冷却に利用しているのでありました。

DSC00537.jpg

暫くそのまま放置してからクーラー内の温度を確認、冷却されています!
無事復活です!

DSC00538.jpg

クーラーの容量は35リットルもありますのでビールの350缶なら人ケースくらい余裕で収納出来ます。
そして何とこのカセットガス一本で24時間ほど冷やし続ける事が可能なんです。
その冷却性能は氷も作れるほど!
此れでいつでも何処でもキンキンに冷えたビールを呑む事ができます。


さあ、今度のキャンプが楽しみになってまいりましたよ!(笑)




朝ごはん

DSC00530.jpg

バンバンジー麺

フィリップスヌードルメーカーで作った麺を茹でて冷水で〆、その上にバンバンジーを載せました。
バンバンジーは鶏ささ身肉とキュウリ、トマト、そして市販のゴマドレッシングを使いました。

主食にも、そしてお酒のツマミにも最適な一品です!


昼ごはん

DSC00539.jpg

塩焼きそば

件のサッポロ一番塩らーめんが焼肉に云々、の余った塩だれを使いました。
麺は業務スーパーの蒸し麺を使用。


晩ごはん

ブリとマグロの刺身

最近富にムギの食欲が落ちてきまして。
スーパーの閉店時間を狙ってお刺身を安く買って来ました。

…うん、まだお刺身は喜んで食べてくれるようですね。
しかしやはり栄養の偏りが気になりますしカリカリを食べて欲しいのでありますが。


お刺身の残りはとーちゃんが美味しく晩酌の肴としていただきました。

[ 2016/08/11 ] 野外生活 | TB(-) | CM(0)