2014 101234567891011121314151617181920212223242526272829302014 12







ネガポジ反転

日々貝殻彫刻の可能性を模索しております。

DSC02678.jpg

今回は少し大きめのタカラガイを使って彫刻を施してみました。
右が殻長28ミリ程度のコモンダカラに従来の手法で猫のシルエットを彫刻した物、
左は殻長29ミリ程度のオミナエシダカラに同じ猫の彫刻を施してあるのですがネガポジ反転風にしてあります。

DSC02679.jpg

此方はオミナエシダカラの模様を猫の柄に見立てています。
充填する樹脂を黒い物にした方が猫のシルエットが映えたかなぁ?

ともあれ、新しい手法を試してみた訳ですが此方は大変ですよ~
手間暇が3倍くらいかかります(苦笑)


しかし・・・・

もう少し猫の絵の練習をしないとなぁ(苦笑)




スポンサーサイト
[ 2014/11/30 ] 貝殻 | TB(-) | CM(2)

タカラガイいろいろ

今週は二日ほど潮と天気が良かったので富津、鋸南の浜を巡って貝拾いをして来ました。

DSC02667.jpg

拾い集めたタカラガイを整理してみました。

一番多く取れましたのはやはりメダカラ(目宝)
その次はチャイロキヌタ(茶色砧)
その次にオミナエシダカラ(女郎花宝)

その他には
ホシキヌタ(星砧)
シボリダカラ(絞宝)
サメダカラ(鮫宝)
ハツユキダカラ(初雪宝)
コモンダカラ(小紋宝)
カモンダカラ(花紋宝)
ナシジダカラ(梨地宝)
ハナマルユキ(花丸雪)
ウキダカラ(浮宝)

正体不明のタカラガイもちらほら



と言った所。

かなりの量を拾う事が出来ました。
これならば当面の作品造りに困る事は無いでしょう。

DSC02676.jpg


今回初めて手に入れたのがこの大きな大きなホシキヌタと言うタカラガイ。
なんと殻長が67ミリもあります!
表面が荒れていてあまり程度は良くないのですが。

DSC02668.jpg

手前に今回採集した中で一番小さな10ミリのメダカラを置いてみましたよ。
その大きさの差には驚くばかりです。
何時かはピカピカの程度の良いホシキヌタを手に入れたいものですね。

しかしこの湾内にこんなにも大きくなるタカラガイがいるのかと驚いたのですが
その後もっと驚くものを採集しました。

DSC02669.jpg

破片ではありますが殻長が80ミリを越えるタカラガイの仲間と思われる貝殻です!
殻の色や歯の形状に違いがあるのでホシキヌタではない様に思えるのですが。

ともあれ、何時かは完全体を!
こんな大きなタカラガイを拾ってみたいものでありますね。



タカラガイの他には以前から欲しかったクルマガイも拾えましたし充実の二日間でした!!!
ただし、早速足の筋肉痛に悩まさせる運動不足のオッサンでありましたとさ(苦笑)


[ 2014/11/29 ] 貝殻 | TB(-) | CM(2)

富津市 ダイニングカフェ ひまつぶし 醤油ラーメン

ラーメン食べある記335杯目。
今回は富津市金谷にありますダイニングカフェ ひまつぶしに行って来ました。

DSC02572.jpg


金谷と言えば金谷〜久里浜間を結ぶ東京湾フェリーの港がある町ですね。
港町と言う事で新鮮な魚介を売りにしたお店が多数あるのですが
その中でダイニングカフェと言うスタイルで営業をしているお店を駅前で発見しました。

場所はJR浜金谷駅のすぐ前にあります。
カフェ・・・と言うより定食屋さんと言う雰囲気ですね、見た目は。
中に入ってビックリ!
テーブル席で構成された店内の壁面には漫画本がびっしり!
BGMにはジャズが流れております。

う〜む〜、確かにカフェ的な雰囲気は漂っております。

席について品書きを見てまたビックリ!

1218543_2122809008_36large.jpg
1218543_2122809007_120large.jpg
1218543_2122809006_99large.jpg



何と言う豊富な品書き!

メインは定食類。
時の食材を生かした刺身、魚介系から揚げ物、グリル、中華、丼物、ラーメンまで大変豊富な品揃え!

店の一押しはどうやら鯵を使った料理の数々。
刺身、なめろう、フライ等々、鯵料理が目白押しです!

更にはおつまみ系も充実。
恐らく夜は居酒屋的な営業もしているのでは?

塩永木を凝視し、グラリ、と鯵に心が傾きかけましたがラーメンに全てをささげたこの身(笑)
鯵やトンカツの誘惑を振り切り信念の醤油ラーメンを注文。

DSC02562.jpg


此方がダイニングカフェ 暇つぶしのラーメン 500円です。
ちなみにラーメンは醤油、味噌、塩、豚骨の4種を同価格で選択可能。

ほほ〜、実に丹精な面持ちのラーメンです。

DSC02565.jpg


まずはスープを一口。

むむ、魚介系・・・煮干しでしょうか?
和風な味わいが口の中に広がりました。

DSC02568.jpg


麺はピシッと角の出た角断面の中細麺。

DSC02571.jpg


具材は 

チャーシュー 2枚

シナチク

ワカメ

ホウレン草




チャーシューはハムの様な味わい。
お中元、お歳暮のハムセットに入っている焼豚の様な感じです。

ワカメがたっぷり入っている所に港町らしさを感じましたね。


ダイニングカフェ ひまつぶし

醤油ラーメン 500円

2014年11月18日訪問

店内にいた学生さんが頼んでいたミックスフライ定食がかなりのボリュームで見とれてしまいました!
むむむ、やはりこのお店は定食を食べるべきだったのでは!?
次回は是非ともアジフライ定食を頂きたい〜


もう、定食+ラーメンは厳しいお年頃なのですよ・・・(苦笑)



ラーメン食べある記をまとめたホームページは此方です。


[ 2014/11/29 ] ラーメン 富津市のラーメン | TB(-) | CM(0)

鋸南町遠征

実感。
貝拾いは南に行けば行くほど拾える種類が増える。

内房で楽しんで貝拾いが出来る北限は富津岬ではないだろうか?
それ以北ではそもそも自然の海岸線が殆どないし・・・
(木更津にも僅かに自然の海岸線沿いが残っておりますが)

私が自転車で気軽に行けるフィールドとして、岬、大貫、新舞子辺りで貝拾いをしておりましたが
やはり南、竹岡、金谷辺りの方が魅力的な貝が多く拾えるのですよね。

なので~

DSC02656.jpg


今回はとうとう富津を飛び出し鋸南町の元名海水浴場まで足を伸ばしてまいりました。
いや〜、遠くに来たものです(笑)

浜に下りてまず目に飛び込んだのが砂浜にコロンと転がった女郎花宝(オミナエシダカラ)
まず富津岬ではお目にかかれないタカラガイです!

もう、最初っから気分は高揚しっぱなしですよ(笑)
この浜、かなりタカラガイ比率が高いです!

女郎花以外にも 絞、鮫、初雪、花丸雪、そして特大サイズの星宝! そしてお馴染みの茶色砧、目宝も拾い放題!!!


いや、もう、移住を本気で考えましたよ。
貝殻で財を積み上げたら鋸南を終の棲家としよう(笑)



そんな貝拾い中にふと湾内に目を向けると〜

DSC02659.jpg


巨大な船が富士山を背に悠々と航行中でありました。

最初は巨大なクレーン船かと思ったのですがどうも違うようです・・・・

ああ、これは「地球深部探査船ちきゅう」ではないでしょうか?
海面上120メートルほどもある大きなやぐらがとてもよく目立ちます!

格好良いですね〜
是非とも間近で観てみたいものです!

そんな船への憧れを抱きつつ、目の前の貝欲に身を焦がす浜辺のオッサン一人・・・・







タカラガイ、西南に行けば行くほど種類も大きさも増える傾向。
その内に沖縄に貝拾い紀行に行きたいものです・・・・

まあ、取りあえずは三浦半島遠征かな。



[ 2014/11/28 ] 貝殻 | TB(-) | CM(0)

鈴付貝殻ストラップ

小さな鈴を手に入れましたので貝殻ストラップに付けてみました。

DSC02662.jpg

右から

ツメタガイの肉球透かし彫り

チャイロキヌタの3連ストラップ

メダカラの肉球透かし彫りに樹脂充填

メダカラの猫シルエット


現在、この貝殻に傷が付きにくくなるようなコート材を探しております。
やはりウレタン系が塗膜が丈夫で良いかなぁ、と考えております。

[ 2014/11/27 ] 貝殻 | TB(-) | CM(8)

お隣の猫

この間の保護猫くんです。

DSC02661.jpg

まだ下痢気味ですがすっかり元気になったそうですよ~
右半身にこびりついた汚れもすっかり綺麗になっていました。
毛が生え揃えばゴージャスふわふわロングヘアーの王子様になること請け合い!

また機会がありましたら写真を撮らせてもらいますね!



[ 2014/11/27 ] | TB(-) | CM(0)

フィリップス・ヌードルメーカーで油そばを作りました

ヌー様で油そばを作りました。

スパゲッティ製麺した時に使ったデュラムセモリナ粉がまだありましたので
より強いコシの麵が出来るのではと思い、ラーメン麺に配合してみました。

麵配合

デュラムセモリナ 50g

強力粉 200g

玉子中玉 1個

塩2g

重曹 4g

95ccの重曹塩卵液を作成。


以上を2ミリ丸麵キャップで出力しました。

タレ

チャーシューだれ 1

牡蠣油 0.5

顆粒鶏がらスープ 0.5

酢 1

おろしニンニク 0.5

ラー油 0.5

胡麻油 0.5

砂糖 0.5

生卵の黄身 1個

(数字は大さじ)


DSC02638.jpg
DSC02639.jpg

思惑通り大変コシのある麵に仕上がりましたが些か固めの印象も。
デュラムセモリナ、凄いなぁ!
次はもう少し配合を減らしても良いかもしれません。
もしくはもう少し水分を増やしても良いかも。

次はうどん用のキャップで出力して極太麵にして油そばを作って見たいと思います!
[ 2014/11/27 ] 自炊 ヌードルメーカー | TB(-) | CM(0)

イオン

木更津イオン開店後初めて富津のイオンに行って見ました。


・・・ついついジャスコって言っちゃいますけどね(笑)


いやはや、ずいぶん寂しい状況になっていました。
あちこちのテナントが抜けて店内は継ぎ接ぎだらけですよ。
一階のレストラン街もほぼ撤退、意見のレストランを残すのみに。
ケンタッキーフライドチキン、タコヤキ屋さんも無くなっていたなぁ。

二階は惨憺たる物。
半分以上の売り場がなくなっていたのでは?

スナックコーナーは全滅。
ミスタードーナツもペッパーランチもラーメンさん太も無くなってしまいました。
どの店も大好きだったのに・・・・

3階はドンキホーテが撤退していましたがダイソーとユニクロは健在。
ダイソーは売り場が拡幅されて品揃えが増えておりました。
個人的には手芸屋さんが残ってくれていた事に安堵。
ストラップの材料などの入手が楽になります。



兎にも角にもみんな木更津に吸い取られ感がありましたなぁ・・・・・


お気に入りのお店が多かっただけに大変に残念至極。

[ 2014/11/25 ] 日常 | TB(-) | CM(2)

お家でラーメン (有)佐々木製麺所 ふらのラーメン しょうゆ味

DSC02598.jpg

有限会社 佐々木製麺所 ふらのラーメン しょうゆ味

有楽町の北海道アンテナショップで購入。

DSC02600.jpg

内容は

乾燥麵 90g

液体スープ


DSC02599.jpg


作り方

DSC02602.jpg


北海道富良野市内の製麺会社が作った、正に富良野のラーメンです。
これまでにいくつかの北海道内製のラーメンを食べて来ましたがその殆どが乾燥麵だったような気がします。
やはりかの地の寒さが乾燥麺を作りやすくしているのでしょうか?

DSC02605.jpg

スープは結構濃い味付けの醤油スープ。
豚の旨みが強い味わいで如何にも北海道風ですね。
ニンニクやショウガの風味もあり、とても美味しいです。

DSC02606.jpg

麺は前述の乾燥麵。
北海道産小麦粉を使った完全な道産子。

ピシッと角の立った中細のやや縮れ。
滑らかな食感とコシのある麺はまるで生麺の様で
啜り心地、味わい共に良好です!



むぅ、これは美味しいです。
また食べたいと思わせる逸品ですね。
今度は塩味も買って来ようと思います。


そっけないパッケージではありますが味は本格派!
お見掛けになられましたら是非とも手に取っていただきたく。


[ 2014/11/25 ] 自炊 お家でラーメン | TB(-) | CM(0)

君津市 ピノキオラーメン しょうゆラーメン

ラーメン食べある記334杯目。
今回は君津市北子安にありますピノキオラーメンに行って来ました。

DSC02531.jpg


18時から翌3時と言う営業時間のため、中々訪問出来なかったお店ですが以前から気になっていたお店でありました。
(私の食べ歩きは日中が多いのです)

DSC02532.jpg


ピノキオラーメン品書き

比較的高価格帯です。
立地、営業時間帯から酔客目当て、〆の一杯を狙っているのでは?
そう言う点では市内の力車、丸和と近い戦略なのかもしてません。

DSC02534.jpg


ピノキオラーメン基本のしょうゆラーメン 700円です。
基本のラーメンとしては高価格帯ですが、中々にボリューム感のある一杯です。

DSC02537.jpg


脂の玉が沢山浮いたスープを一口啜って唸りました。
これ、とても美味しいですよ!
動物系の旨みがみっちり詰まったスープです。

DSC02539.jpg


麺は中細のやや縮れ。

DSC02542.jpg


具材は


チャーシュー 2枚

シナチク

玉子 半個

なると

海苔

刻みネギ



圧倒的な存在感を誇るのが1センチほども厚みがある分厚いチャーシュー!
この二枚で並みのチャーシューメン並みのボリュームがあるのでは?

DSC02541.jpg


そしてチャーシュー以上に気に入ったのが此方のシナチク。
なんとも良いお味がしました!




ピノキオラーメン

しょうゆラーメン 700円

2014年11月15日訪問



いやあ、本当に美味しかったです。
700円と言う価格は私的に躊躇する価格なのですが、それをも納得させる味とボリュームでした。

先に〆の一杯御用達、と書きましたが店の品書きを見るにつけ、此処で呑んでも楽しく過ごせること請け合い!

ピノキオラーメン、是非ともご賞味頂きたく。





[ 2014/11/24 ] ラーメン 君津市のラーメン | TB(-) | CM(0)