或る猫の十月二十九日の熱視線

塩鯖を焼いての食事中、異様な熱い視線を感じたんです…

DSC06831.jpg
DSC06828.jpg
DSC06829.jpg

こらっ!ククレ、駄目だよ!(笑)



スポンサーサイト
[ 2015/10/29 ] | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十七日の食卓

今日は休息日。


高級食材を使い如何に美味しく食べるかを日々腐心する或る中年独身男の食卓。

DSC06780.jpg

紫蘇の実お茶漬けスパゲッティ


茹でたスパに紫蘇の実のオリーブオイル漬とお茶漬けの素を合えただけのシンプルスパ。
しかし唸る味わいですぞ。


昼ごはん

DSC06781.jpg

先の修行の旅の際、師匠の山で取れたという松茸のお土産をお裾分けして頂きました!
凄い!国産の松茸なんて初めて食べるかも!!?
大事に大事に持ち帰り父と母にもお披露目、たいそう喜んでおりました。
折角の国産松茸ですので良いお米で食べたい!
千葉県産のコシヒカリを奮発し購入、ついでに鮪と鯛のお刺身も買って今宵の宴の賑わいとしました。

DSC06782.jpg

お米を研ぎ、浸水させている間に昆布で出汁をとります。
水を切った洗米を土鍋に入れて昆布出汁を張り、醤油で味付けをします。
後はじっくり炊き上げるだけ!

DSC06783.jpg

松茸ご飯の完成です~

いやあ、とても美味しかったです!
何と言う贅沢、何と言う幸福感!
皆で松茸ご飯を夢中で頬張り、皆で幸せな時間を過ごせました。


晩ごはん

スガキヤの味噌煮込みうどんの袋麺



[ 2015/10/28 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十六日の帰宅

朝九時頃起床。
カップめんで朝食を取ります。
今日は東京まで帰る日なのでありますが社長の計らいで午前中は風光明媚なこの地のサイクリングをして来ました。

美味しい鮎が取れるという大きな川沿いを小さな折り畳み自転車で走ります。
晴れた秋の空、川面を渡るそよ風、そこまでも透き通る青い水。
素晴らしいですな~
是非夏にも来て川遊びや鮎料理を愉しんでみたいです!

川を10kmほど下ってコンビニでお茶を買い休憩、今度は川をさかのぼり、25kmほどのサイクリングを愉しみました。


東京に持ち帰る機器を車に積み込み、夕飯をご馳走になった地元の人たちにお礼を言ってから帰途につきます。
近い内にまた此方に来なければ、師匠の技術の全てを受け継ぐ為にも。


お昼ごはん

DSC06771.jpg

上郷サービスエリア内のフードコートで食事。
天翔のカツめし 880円 を見た目のインパクトに惹かれて注文。

チャーハンの上にカツ丼の頭が乗っていてデミグラスとマヨネーズソースがかかっていると言うもの。


う~ん、まあ、美味しいんですけどね、味が散らかっている印象。
チャーハンはチャーハン、カツ丼はカツ丼で食べた方が美味しかったかも(笑)



午後七時半、東京駅着。
社長さんと別れて列車に乗り込もうとするも車内に輪行袋を忘れた事に気がつき急いで電話。
私って大抵こう言うドジを毎々一発やらかすんですよね(苦笑)

大きなリュックや自転車を抱えているため帰宅ラッシュの列車に乗り込むのがためらわれ
贅沢にもグリーン券を購入、ついでにビールと万かつサンドもね(笑)
満席のグリーン車、しかし何とか座って地元の駅まで帰る事が出来ました。

午後十時過ぎに帰宅。
工房の猫たちを一匹一匹抱き上げて無事の確認。
やはり猫たちを一緒に寝ると落ち着きます…










[ 2015/10/27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十五日の焦り

朝ごはん

近くの喫茶店にて取りました。
400円のモーニングを頼んだのですがコーヒーとトーストの他にサラダ、茶碗蒸し、ゼリーのデザートつき。
しかもトーストにはアンコがのっておりましたよ!
名古屋の喫茶店文化はそう言う物だと聞いておりましたが名古屋から車で一時間ほども離れたこの地でもそんなテンコ盛りモーニング文化が波及していた事に驚きました。


午前十時、修行開始。
昨日覚えた事を慎重且つ忠実に再現しようやく納得の行くものを一つ仕上げられました。
熟練職人の師匠にお見せしたら「このまま製品に出来る」とお墨付きも頂けました!
いや~嬉しかったなぁ!!!


お昼ごはん

DSC06769.jpg

同じ喫茶店にて玉子とじうどんランチ 750円

これまたうどんの他におにぎり、茶碗蒸し、サラダ、ゼリーにフルーツと言うモーニングを越えたテンコ盛り(笑)
うどんもシコシコツルツルでとても美味しかったです。


しかし、午前中の成功、美味しいお昼ご飯で気が弛んだのでしょうか、午後からの作業は失敗の連続(汗)

師匠は東京に持ち帰る機械の調整に追われて忙しそう。
一人で黙々と作業を続けて五時間、失敗の連続。
気持ちは焦るばかりですが納得の行く製品は二個しか出来ませんでした。
(師匠がやれば一つ5分ほどで出来るものです)
こんなペースでは商売に為りません(汗)
もっともっと教えを請いたいのですが明日には東京に戻らなくてはなりません。

此処に来て覚える事の半分程度しか身につける事が出来ませんでした。
私、すっかり意気消沈…


その日の晩は社長さんのお知り合いの御宅で天ぷらや煮物などの美味しい野菜料理とお酒を振舞っていただきました。



今日一日で全て身につけるつもりでおりましたがまた此処に来て師匠に教えを請いに来なければ。







[ 2015/10/27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十四日の新たな仕事

午前四時起床。

眠い目をこすりながら昨日調えた旅装を再度確認。
朝食をとってから小さな自転車に跨って最寄のJRの駅に向かいます。
自転車を折り畳み袋に入れてから切符を買い求め列車に乗り込み
午前八時、都内某所にてお世話に為る社長さんと合流。

事の始まりは一通のメールからでした。

本業のガレージキットフィギュアが売れず貧困に窮していた私に或る仕事をやってみないかと誘われたのです。
私はもう二つ返事で飛びついたのでありました。
本日はその仕事の技術を学びに熟練職人さんの工房に行く事に為っていたのであります。

二人で車に乗り込み高速道路を西へ西へ。


お昼ごはん

DSC06757.jpg

諏訪湖SA内のフードコートで山賊ラーメン 750円。

いま諏訪ではこの山賊焼きを名物として押しているようであります。
固めでカリカリの衣をまといニンニクの効いたチキンカツと言った感じでした。


その後も高速道路をひた走り午後二時に目的地の山中に到着。
おおお、此処で熟練職人が世界最高技術の製品を作り出しているのか・・・

社長から職人さんを紹介され、早速講習を受けます。
仕事の手順は覚えましたが最初から上手く出来る筈も無く、失敗作を積み重ねます。

「山崎さんなら手先が器用だから大丈夫!」

なんて社長さんから言われた言葉が妙にプレッシャーに為ったりして(苦笑)

夕刻、何とかそれらしい形に仕上げる事が出来るようになってその日の講習は終了。
職人さん宅で夕飯をご馳走になりました。

しゃぶしゃぶ、美味しゅう御座いました。


その後は今は空き家になっている社長さんのおばあさんの家で宿泊。
夜遅くまで社長さんとウイスキーを酌み交わし楽しい会話を楽しみました。






[ 2015/10/27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十二日の食卓とヒルズのad缶

前回の注射の時、体重が増えて喜んでおりましたムギの容態ですが
その後秋の冷え込みが強くなるに連れまたしても食欲不振になってしまいまして。
昨年はやはり秋の冷え込みの所為で危篤状態にまで陥ってしまったのですが
その時ムギの命を救ったのはヒルズのadと言う高栄養療法食でした。
このadを与えたお陰でムギの食欲は復活し、この一年を生き延びる事ができたのです。
その時ad缶を頂いたのはムギの子であるホップくんのお兄ちゃん、マロン君の里親様であったのですが
今年もまたムギの危機を知ってad缶を送り届けていただいたのでありました。

もう、嬉しいやら、情けないやら。

本来ならば私が買い与えてやらねば為らないのですが。
しかしビンボーが極まっている今、本当にありがたい贈り物でありました。

早速ムギに与えたのですがやはり食いつきが良いです!
夢中になって食べております。
この調子で食べてくれ、また注射を打てば体重も増えてくれるのではと期待しております。

頑張れ、ムギ!





安い食材を使い如何に美味しく食べるかを日々腐心する或る独身男の食卓。

朝ごはん

DSC06737.jpg

四宝菜

具が四種類しかないので八宝菜ならぬ四宝菜(笑)
八宝菜はご飯にかけたら中華丼になるのかな?


昼ごはん

昨日作った野菜スープ


晩ごはん

イナダの刺身

納豆

野菜スープ




晩酌をしつつイナダのお刺身を食べていたのですが
このお刺身、二日前に買った見切り品のイナダなんですよね。
流石に色が悪くなり、生臭さも増しているような感じで生食可かどうかはかなりギリギリっぽい(笑)

が! アルコール消毒じゃい!と、日本酒と共に食べてしまいましたよ。
食後には念の為納豆も食べました。

納豆菌と言うのは他の菌を凌駕する実に強い菌でありまして
むかし蔵で働いていた時にはお酒の仕込み中は納豆を食べては為らん!と杜氏様から言われたものです。

まあ、納豆菌が食中毒に効くかどうかは分からないのですが(苦笑)

でも、まあ、こうして無事に日記を書いていますのでお刺身が生食可だったのか、
納豆菌が活躍してくれたのでありましょう(笑)










[ 2015/10/23 ] | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十一日の食卓 流星群

今宵はオリオン座流星群が良く観察出来る日なのだとか。
夜が更け日付がかわる頃に庭に出てオリオン座の方角を眺めておりました。

三十分ほどボケ~っと眺めておりましたが視界の端っこで流れた様な流れていない様な不確実なものを感じただけで(苦笑)はっきりとは観察出来ませんでした。
無念であります。


安い食材を使い如何に美味しく食べるかを日々腐心する或る独身男の食卓。

DSC06731.jpg

茹で鳥

茹でたモヤシの上に茹でた鶏もも肉を乗せて塩胡椒で味付け、
刻みネギをのせてラー油を一垂らし。

これ、実に簡単でシンプルな美味しさがあるのですが
タジン鍋とかで作ったらもっと美味しくなるでしょうね~
実家からこっそり持ってこようかな(笑)


昼ごはん

茄子ミートスパゲッティ

母が旅行から帰って来ました。
駅まで迎えに行ってそのまま実家に帰り夕食を作ってきました。
市販のミートソースを温めるだけでは芸が無いので畑にあった茄子と獅子唐を炒めてから
ミートソースを加えて茄子ミートにしました。



晩ごはん

週末、工房を空けるので冷蔵庫の中の日持ちしない食材を全て細切れにして
圧力鍋でコンソメスープで煮込みました。

DSC06736.jpg

得体の知れないスープが出来ましたよ~(笑)

鶏もも肉 白菜 人参 男爵芋 獅子唐 玉葱 茄子 榎茸 滑子が入っております。

ナメコって意外と洋風な味付けにも合うものですね~





[ 2015/10/22 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

或る男の十月二十日の食卓

安い食材を使い如何に美味しく食べるかを日々腐心する或る独身男の食卓。


朝ごはん

DSC06724.jpg

スパゲッティ・ミートソース半熟玉子添え


ミートソースのストックも使い切ってしまいました。
色々と使い勝手の良い素材なのでまた作っておきましょう。



昼ごはん

今日も実家で父の夕食の世話。
(世間的にお昼の時間に朝食を食べたので私にとってのお昼ご飯は世間的に晩ごはんの時間)
ご飯は母が旅行前に大量に炊飯したのですが二日も過ぎると流石に色がついてやや匂いも出てしまいます。
そこで今日の献立はチャーハンにする事に。
チャーハンだけでは寂しいので市内のお弁当屋さんでチキンバスケットを購入しおかずにする事に。




晩ごはん

昨日買ったイナダの刺身の残りを頂きつつ冷や酒を呑み、野菜スープを仕込みました。
やや呑み足りなかったのでこのあいだ親友が遊びに来た時に買い求めたものの
すっかり存在を忘れて食べそびれていたー

DSC06727.jpg

まるでステーキの様なローストビーフを頂きました!
こりゃ〜贅沢ですな〜!!!

〆は出来立ての野菜スープで。
[ 2015/10/21 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

或る猫のカブニョーロとだんご三兄弟

我が家の猫たちの多くが下部尿路疾患に悩まされております。
以前はお高い療法食を与えていたのですがー

DSC06735.jpg

最近は各社からストルバイトに配慮した低価格のカリカリが販売されているので助かります。
左から銀のスプーン、カルカン、ねこ元気です。
白いのはウチのカブニョーロネコ(笑)


さあさあ、寒くなると我が工房名物の団子の季節ですよ!

DSC06729.jpg

胡麻に黄粉にみたらし団子! 
♪だんご、だんご、だんご、だんご だんごさんきょうだい!


(笑)

[ 2015/10/21 ] | TB(-) | CM(0)

或る男の十月十九日の食卓

だいぶ夜も冷え込むようになりましたね。
夜空に響いていた虫達の鳴き声もだんだん小さくなってきたような。
星だけが瞬く静かな夜ももう直ぐ訪れるだろうか。

安い食材を使い如何に美味しく食べるかを日々腐心する或る独身男の食卓。

DSC06713.jpg

ミキみーる風タンタンメン

ラーメンのスープは大体4~5人分くらいをまとめて作るので同じラーメンが続いちゃうんですよね(笑)

DSC06714.jpg

今回も手打ち手切り手揉み麺。
ヌー麺も美味しいですがより手間隙がかかった自分の麺もこれまた美味しいのであります。


お昼ごはん

母が旅行中で留守の為、動けない父の食事の世話のため早めに実家に戻っております。
今日は値引きキャンペーン中のすき屋の牛丼を買って帰りました。
290円、ありがたいですな~



晩ごはん

閉店間際のスーパーで半額150円のイナダの半身を購入、晩酌の肴に。
〆は手羽先と白菜のスープ。

[ 2015/10/20 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)