2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04







東京都台東区 天竜 味噌ラーメン 他

ラーメン食べある記435杯目。
今回は何時もの地元を離れて東京のラーメン屋さんに行って来ました。

DSC03213.jpg

この日は取引先の会社で打ち合わせがありましたので上京しておりました。
打ち合わせの前に腹ごしらえ、と言う訳で社長さんお勧めのラーメン屋さんに行ってみる事にしました。

おおお、なんと言うか古き良き昭和の雰囲気が濃厚な佇まいが実に私好み。
なんと言うかある意味で都会的、一軒屋タイプのお店が多い地方とは一味違いますね。
さて、それでは入店〜

店内はカウンター席と小さなテーブル席があり、奥に細長い作り。
10人以上入ればぎゅうぎゅうになりそうな感じですね。
昼時と言う事もありまさに店内はその状態、運よくあいたカウンターの席にコシを落ち着けます。

壁に掲げられた品書きを見ると醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩バターラーメン、それからラーメンと言う文字。
…醤油ラーメンとラーメンは違う物なのでしょうか???

周りのお客さんを見ればそれぞれの好みのラーメンを抱え旨そうに啜っております。
どれも此れも実にそそりましたがこの場所を教えてくれた社長さんお勧めの味噌ラーメンを注文する事にしました。

DSC03198_20170314183622171.jpg

はい、此方が「天竜」さんの味噌ラーメン700円にチャーシュー一枚150円、玉子60円を加えた物です。

…フム、意外と見た目は地味、と言うか大人しい感じでありますねぇ。
しかし大変に食欲をそそる良い匂いがいたします!

DSC03201.jpg

まずはスープを一口…

おおお、これは旨い!
濃すぎもせず、薄すぎもしない実にちょうど良い塩梅。
しかしながらしっかりとした旨みとコクを感じさせる味わい。
炒め野菜や香味野菜、肉のうまみが加わった味噌スープはいにしえに一世を風靡したあのサッポロラーメンを彷彿とさせますね。

DSC03202.jpg

麺は中細の縮れ麺。
これまたサッポロらしい黄色の卵麺はツルシコモッチリな啜り心地。
濃すぎない味噌スープに良く合っております。

DSC03204.jpg

具材は

もやし

挽肉


以上が主体で実に簡素。
テーブルに置かれたラー油などで辛味をつけて食べると最高に旨い!

DSC03208_20170314183642fab.jpg

丼の中を探ってみるとチャーシュー片もちらほらと出て来ます。

DSC03210_20170314183644fad.jpg

そして此方は追加で注文したチャーシュー 150円

いや、もう、物凄い迫力!
長さ15センチ以上。厚み1.5センチはありました。
此れだけで並のチャーシュー麺以上の量はありますよ!
ちなみにチャーシュー麺を頼むとこのチャーシューが三枚乗ってくるとの事、
社長さんが「くれぐれもチャーシュー麺を頼んじゃダメだよ!」と、注意喚起してくれた理由が分りましたね(笑)

DSC03207.jpg

此方も追加注文した茹で玉子60円。

DSC03199.jpg

これ等の別注文の具材はこれまた別注文のご飯の上に移動させまして〜

あ、ちなみにこのお漬物が大変に美味しかった事もご報告申し上げます。

DSC03212_20170314183645562.jpg

はい、チャーシュー丼の完成です!
味噌スープを少々振り掛けつつメシ、チャーシュー、卵を頬張れば 一気に魂が浄化され涅槃に辿りつく事間違いなし。

人々よ、恐れるな!
麺とご飯の至高の組み合わせで幸せを堪能したらその分運動しまくって成人病をぶっ飛ばせ!!!(笑)


サッポロラーメン 天竜

味噌ラーメン 700円

チャーシュー1枚 150円

茹で玉子 60円

ライス 200円


2017年2月23日訪問



大変に美味しゅうございました。
味、ボリューム共々大変に満足致しました。
お店はJR浅草橋駅近くにありますので近くにお越しの予定がありましたらぜひとも味わって頂きたく。
私は次に醤油を食べるか塩バターを食べるか、今から迷っておりまする(笑)

スポンサーサイト

三月六日の日記 続牡蠣

朝ごはん

DSC03369_20170314004909701.jpg

マルちゃん 赤いきつね

昼ごはん

DSC03375.jpg

大根の葉っぱチャーハン

以前作った大根の葉っぱとニンニクとしらすを炒めたものを具材にチャーハンを作りました。


晩ごはん

昨日の殻付き牡蠣がまだ沢山残っておりましたので今日も実家で牡蠣料理です。

昨日の残りのエスカルゴバターを使って剥いた牡蠣、剥き海老を炒め、白ワインを加えから米と合わせて炊飯器で炊飯、お手軽牡蠣ピラフです!

今度はタマネギをバターで炒めてから小麦粉、牛乳を加えてホワイトソースを作り、茹でたジャガイモ、人参、ブロッコリー、坂無視した牡蠣を汁後と加え、コンソメ、塩、胡椒で調味して牡蠣のクリームシチューを作りました。

や、もう、これまた大変に美味でございました!
写真を撮って置けば良かったなぁ…


[ 2017/03/14 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

三月五日の日記 パパのバースデー

朝ごはん

DSC03333.jpg

カレーライス

レトルトのカレーで簡単にしませました。
パッケージには「大き目の野菜がゴロゴロ」などと書かれていましたが
ボンカレーよりやや大きめなジャガイモが三つ入っていただけでした…


本日はわたくしの父の誕生日でございます。
仕事も切羽詰りそんな暇は無いと思いつつやはり折角の誕生日ですのでご馳走で父をもてなす事に!

DSC03334.jpg

はい、殻付きの生牡蠣です!
また岡山の寄島から取り寄せました。

DSC03335.jpg

おおお、前回宴会の時に食べた物より明らかに大きくなっていますね!
牡蠣も大きく育っているようです。
これは食べるのが楽しみですね!

DSC03344_201703140019286e2.jpg

残念ながらこの牡蠣は無洗浄なので生では食べられません。
したがってすべて加熱して頂きます。
まずは牡蠣の殻を向いてみましたが大きな空の中に丸々とした牡蠣の身がたっぷり詰まっておりました!
あ~、も~、本当にこのまま生で食べてしまいたい位!(笑)

DSC03345.jpg

まあ、ノロウイルスの危険もあるとの事なのでここはぐっと我慢!
未練はありますがさっさと衣を付けてしまいます。
其れをこんがり揚げれば~

DSC03346_20170314001959888.jpg

カキフライの出来上がり!
自家製のタルタルソースも作りましたよ~

やあ、カキフライは牡蠣料理の中で一番好きなんですよね~
グラハム・カー気取りの私はワインを呑みつつ次の料理に取り掛かります。

ニンニクとパセリを刻み、バターに加えより混ぜ合わせます。
これはエスカルゴバターの作り方。

DSC03349.jpg

このエスカルゴバターを焼き牡蠣につけて頂くのです!
これは滅茶苦茶美味しいですよ~

DSC03347.jpg

さあ、カキフライと焼き牡蠣で父のお誕生日会の始まりです。
お父さん、お誕生日おめでとう~


美味しい牡蠣と美味しいワインをたらふく頂き満足至極。
ふふふ、何だか父の為の誕生会と言うよりも私が牡蠣を食べたかっただけではないのかと思われてしまいますね(苦笑)
[ 2017/03/14 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)