2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







30年間

30年前、ピチピチの高校生だった私。
ショーウィンドウの中のトランペットを眺める少年の如く画材屋さんの1コーナーを眺める私。

其処には銀色に輝くピースコン が。

憧れの塗装用品。
これさえあれば自由自在に吹き付け塗装が行える!
が、当時数万円のピースコンは高校生の私には高嶺の花の超高級品でした。

しかしどうしても欲しかった!
夏休みを利用してアルバイトに励み、お給金を握り締め画材屋さんに向かい
とうとうそのピースコンを手に入れた時の嬉しさと感動!
高校生活の中でも特に印象に残る思い出です。


そんな思い出のあるピースコンにセットされていた耐圧ホースが昨晩お釈迦になってしまいまして。

DSC04144.jpg


此れまでも空気漏れなどをおこし、その度に修繕を続けてきたのでしたが

DSC04146.jpg


経年劣化によるゴムのひび割れがホース全体にまで及んでしまいこれ以上の修繕は不可能と判断、引退して頂く事に。



30年間、本当にご苦労様でした。



思えばこのホースが送り出したエアーで一体何体のガレージキットフィギュアを塗装してきたのか?
30年間、私の作品造りに貢献してくれたんだなぁ・・・

そう思うとこのまま捨ててしまうのも忍びなく。
しばらくは作業机の片隅に置き、お守りとしてこれからも私の作品作りを見守って頂きたいと思います。


ちなみに。
その時に買ったピースコン、オリンポス社のPC-101は今だ現役、正に私の右腕として日々働いてくれております。
良い道具ってのは一生物ですね!
予備にもう一つ買ってあるのですがはたして出番はあるのでしょうか?(笑)








スポンサーサイト
[ 2015/04/22 ] 造形 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する