2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







魚を丸ごと一匹使い尽くして命をありがたく頂戴する

昨夕はちょっとしたお祝いがあり、祝杯を挙げるためにスーパーに肴の買出しに行きました。

DSC04913.jpg

折り良く普段だったら絶対に手を出さない価格帯のお魚が見切りの割引価格になっておりました。
出来れば半額になるまで粘りたかったのですが(笑)まあ、お祝いの肴なので。

イサキ、今が旬の魚ですね~
刺身で良し、煮ても焼いても実に美味い魚です。


まずは三枚におろしてから皮を引きお刺身に。

残ったアラは良く洗ってから昆布と一緒に煮てアラ汁に。

お腹に卵を持っていましたので煮付けに。


お刺身と卵の煮付けは祝杯の肴としてとーちゃんの晩酌のお供に。
そして3分の一は猫のお腹の中に(笑)

イサキのアラはポン酢と共にちまちまと箸で骨の周りについた身を穿り出して頂きます。
細かい骨などは猫たちにお裾分け。

イサキの出汁は温麺などの汁物のに活用。


ウロコやえら、内臓、大きな骨などは飼育しているミミズの餌にして、追々家庭菜園の肥料になります。



こうして一匹丸ごと、くまなく利用して味わいつくしました。
イサキさん、有難う!私もネコもミミズたちも幸せになれました!!!




スポンサーサイト
[ 2015/06/13 ] 自炊 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する