2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







或る男の九月十六日の食卓

また雨で御座いますなぁ。
秋の長雨と言う所でしょうか。
最近は運動不足なのでカラリと晴れたら自転車の遠乗りでもしたいところですなぁ。




朝ごはん

DSC06315.jpg

とろみむかごご飯

昨晩炊いたむかごご飯にオクラとナメコのとろみ餡をかけたものです。
此れがまた美味しかったな~
オクラ、ナメコ、山芋(の子供)のネバネバパワーで精がつくというものですよ!


昼ごはん

DSC06316.jpg

残っていたラタトゥイユとホワイトソースを合わせてトマトクリームソースを作りました。
此れでソースは全部使い切りました!

ラタトゥイユは美味しかったな~
まだナスが残っているのでまた作りたいと思います!



晩ごはん

実家に帰ると鯵を2匹頂きました。
なんでも近所の方が釣って来た物だとか。
ありがたく相伴に預かる事にしました。

家に帰って早速調理。

DSC06326.jpg

うん、包丁さばきも大分上達しましたな~
以前が骨にたっぷりと身が付いた猫大喜びのアラを製造していたものですが(笑)
もっともっと沢山さばいて、より刺身つくりの腕を磨きたいものであります。

DSC06327.jpg

と言う訳で鯵のお刺身が今夜の肴。
ちょいと皮引きが失敗しましたな~
まだまだ修行が足りないと言う事です(苦笑)

しかし味わいは上々、適度に脂の乗った鯵のお刺身は美味至極!
安い日本酒でも吟醸の味わいですな(笑)

今夜はもう一つ肴があります、と言うか此方が本来予定していた肴です。

お肉屋さんに珍しくもみじが置いてありましてね。
もみじと言うのは鳥の足の事です。
その形状からもみじと呼ばれているのだと思います。


まずは圧力鍋で下茹で。

ネギの青いところと生姜と共にもみじを鍋に入れて30分加熱、圧が下がるまでそのまま放置。
下茹でが終わったらもみじと煮汁を分けておきます。

この煮汁は後日ラーメンスープに活用いたします。
もみじって物凄く濃厚なスープが取れるんですよ!

で、柔らなくなったもみじは醤油、味醂、鮭、砂糖で味付けをして更に煮込みます。

DSC06329.jpg

もみじの煮込みの完成です!

お皿の量で300円で購入したもみじの五分の一程度でしょうか。

いや~まずその見た目に少々怖気づいてしまうのですが(笑)
しかしまじまじと眺めているとなるほど、恐竜の子孫が鳥であるというのが納得の造形であります(笑)


で、その味わいと言えば沖縄名物の足テビチを思わせるこってり濃厚でとろとろゼラチン質であります。
骨ばかりで可食部は少ないのですが蕩けるゼラチン質の甘く濃い味わいが実になんともはや、酒に合うのであります。

そうそう、手羽先の煮込みの羽の先の部分みたいな感じでもありますね。
見た目に恐れずしゃぶりつけば舌に感じる悦楽の味わいでありました。

比較的安い部位のお肉でありますので(可食部は少ないですが)機会がありましたら是非お試しあれ!




スポンサーサイト
[ 2015/09/17 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する