2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09







或る男の十月十四日の親父救出劇

朝、携帯電話が鳴る…
時計を見ると八時半、就寝してから4時間しか経っていません。

「すまないが私はまだ夢の中だ…」

無視を決め込む。

鳴り止まない呼び出し音、10回、20回、30回…

流石に異変を感じた。
何か良くない知らせなのでは?
急いでベッドを飛び出してポーチに入れっぱなしの電話を取る。

出た相手は父だった。

まさか母親が急病とか事故とかか!?(汗)
が、父が妙に明るい口調だったのでちょっと安心する。

「今、釣りに来ているんだけどちょっと足を怪我をしちゃって! 動けないんで迎えに来て欲しい」

とカジュアルに伝えられた。

???何をやらかしたのだ?
動けない程の怪我をしたのか?

私「分った、今何処にいるの?」

父「鴨川」

私「は!?」

てっきり地元の川で釣りをやっているのかと思ったら鴨川だと!?
此処から50km以上は離れているぞ(汗)

話を聞くと友人達と鴨川のダム湖までヘラブナを釣りに行ったらしい。
ダム湖の名前を聞き出し電話を切り、グーグルマップで場所の確認をする。
う~ん、一時間以上はかかる場所だなぁ・・・

とりあえず母に電話をして工房まで車を持ってきてもらい、そのまま母も同行し
午前九時頃に父を救出に向かったのでありました。

市街地を抜け、房総スカイライン、鴨川有料道路を抜け、鴨川へ。
そこから山の奥に車を進め父がいるであろうダム湖の駐車場に到着しました。

が、そこに父の姿は無く。

携帯電話をかけるが繋がらない(汗)
かなり山の奥だからなぁ・・・・
でも、父からの電話はかかってきたのだから通じる筈だ。
ダムサイドを移動しながら何度か通話を試みると……繋がった!

聞けば駐車場からダム湖半の遊歩道を進んだ所にいるとの事。
早速持参した松葉杖を携えて父を救出に向かいました。

山の中に作られたダム湖の遊歩道はけっこうな上り下りが連続する道でした。
よくもまあ、80も近い爺さんが釣り道具を担いでこんな道を歩いてゆくなぁ、
と妙な感心をしながら歩いてゆく私の息はもうすでに青息吐息(苦笑)
普段自転車に乗っているとは言え、歩く事に使う筋肉とは鍛えどころが違っているのでしょうなぁ(苦笑)

しかし歩いても歩いても父が見つからない(汗)

時おり釣り人らしい気配は感じるのですが別人でありまして。
20分以上は歩きいい加減焦りを感じたところでようやく父を発見!
同行の友人たちに囲まれて遊歩道の傍らに座り込んでおりました。

急ぎ駆け寄り父に声をかける。

話を聞くと遊歩道から釣り場に降りる際に飛び降り、その時踵を強打したとの事。
見ればずいぶん腫れております。
これは骨折してしまったかな…(汗)

父の友人たちに礼を言い、父には松葉杖を渡しゆっくり歩いて戻るように指示。
それから父の釣り道具を引き取り一旦駐車場に戻る事に。
駐車場に近づいた時に心配して歩いてきた母と対面したので荷物を渡し、急ぎ父の元へ戻りました。

平坦地ではまだしも山の急な上り坂や下り坂での松葉杖の使用は危険です。
私、生まれて初めて父を背負い、坂の上り下りをやり過ごしました。

たっぷり時間をかけて駐車場まで戻り、ようやく父を車に回収、帰途に着いたのでありました。

家に帰ったのは午後1時くらいだったでしょうか。
安心した所為か急に眠気がぶり返してきましてそのまま夕刻まで布団の中で夢の国の住人となったのでありました。


さて、その間父は病院に行きましてレントゲン撮影、診断を受けまして幸い骨折はしていなかったとの事。
ただ、その後のCT検査で極微細なヒビが合ったとの事でしたので全治一ヶ月くらいであろうとの診断を受けました。


いやはや、それにしても大事無くて良かったですよ。
それにしてもあんな山奥のダム湖でよく携帯電話が通じたものだと。
父には言っておかないとなぁ、いくら釣りの為とは言え、電話の通じないような所には行くなよ、と!(苦笑)


いやあ、大変な一日でした。





朝ごはん

コンビニの玉子パン

昼ごはん

サッポロ一番塩ラーメン

晩ごはん

キノコとオクラのとろみ飯







スポンサーサイト
[ 2015/10/15 ] 日常 | TB(-) | CM(2)

No title

『 何事か!? 』とハラハラ、ドキドキしながら読ませていただいてました。
お父様…いつも元気でなによりですが無茶し過ぎですよ~
骨折ではなかったとはいえ、ヒビが入っているのも厄介なもの。

どうかご無理されませんように☆

[ 2015/10/16 22:39 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは、ayuさん。

釣りキチの父は年の割にはアグレッシブでちょくちょくあちこちに釣りに出かけております(苦笑)
今回はたまたま同行の仲間がいてくれて携帯電話も繋がったので事なきを得ましたが
山奥のダム湖で一人怪我をして動けなくなっていたら戸思うとぞっとします。

元気なのは良いのですがまあ、程ほどにね、と(笑)

ayuさん、お気遣いありがとう御座いました~
[ 2015/10/16 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する