或る男の十月二十四日の新たな仕事

午前四時起床。

眠い目をこすりながら昨日調えた旅装を再度確認。
朝食をとってから小さな自転車に跨って最寄のJRの駅に向かいます。
自転車を折り畳み袋に入れてから切符を買い求め列車に乗り込み
午前八時、都内某所にてお世話に為る社長さんと合流。

事の始まりは一通のメールからでした。

本業のガレージキットフィギュアが売れず貧困に窮していた私に或る仕事をやってみないかと誘われたのです。
私はもう二つ返事で飛びついたのでありました。
本日はその仕事の技術を学びに熟練職人さんの工房に行く事に為っていたのであります。

二人で車に乗り込み高速道路を西へ西へ。


お昼ごはん

DSC06757.jpg

諏訪湖SA内のフードコートで山賊ラーメン 750円。

いま諏訪ではこの山賊焼きを名物として押しているようであります。
固めでカリカリの衣をまといニンニクの効いたチキンカツと言った感じでした。


その後も高速道路をひた走り午後二時に目的地の山中に到着。
おおお、此処で熟練職人が世界最高技術の製品を作り出しているのか・・・

社長から職人さんを紹介され、早速講習を受けます。
仕事の手順は覚えましたが最初から上手く出来る筈も無く、失敗作を積み重ねます。

「山崎さんなら手先が器用だから大丈夫!」

なんて社長さんから言われた言葉が妙にプレッシャーに為ったりして(苦笑)

夕刻、何とかそれらしい形に仕上げる事が出来るようになってその日の講習は終了。
職人さん宅で夕飯をご馳走になりました。

しゃぶしゃぶ、美味しゅう御座いました。


その後は今は空き家になっている社長さんのおばあさんの家で宿泊。
夜遅くまで社長さんとウイスキーを酌み交わし楽しい会話を楽しみました。






スポンサーサイト
[ 2015/10/27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する