コトラの事と今後の事

コトラが失踪して二週間以上が経ちました。
その間の捜索で二度ほど良く似た猫を見かけましたが他猫の空似、
コトラが極々一般的な茶トラの猫の為誤認も多くなるでしょう。
頼みの綱のたずね猫のポスターもまったく効果無し、只の一件の電話もありませんでした。
もともとそれほど人口の多い集落ではありませんので仕方が無い事ではありますが。


クリスマスも正月もまったく盛り上がる事も祝う事も無く、
ひたすら意気消沈し、自己嫌悪に陥る年末年始を過ごしました。
コトラが帰ってきた暁にはチキンを焼いて御節を作り失った2015年のクリスマスと2016年の正月を取り戻す所存です。



何時までもクヨクヨしているわけにも行きませんので残った猫たちに今後のために対策を施しておきました。

次に失踪の可能性がある若い猫、マルシェ、ククレ、ホップ、ワムハチそれぞれの首輪に
ロケーターと言う居場所を特定出来る発信機を取り付けました。

DSC07693.jpg

子機から発信される電波を親機が受信をして猫のいる方向を音の強弱で知らせると言うアイテムです。

実は以前から導入はしていたのですが高価なものなのでなかなか全員に装着する事が出来ずにおりました。
しかも最近は値段が高騰して当初9000円程度だった値段が三倍程度に (アクセサリー類は五倍に!)
跳ね上がりますます導入が困難に為ってしまいました。

DSC07692.jpg

そこで失踪の可能性が低い年寄り猫から子機を外し、若い猫、マルシェ、ククレ、ホップ、ワムハチに子機を装着してみました。
いずれ全員に子機を装着したいと考えているのですが輸入品のため在庫が安定せず、
在庫薄の度に価格の高騰を招いているようです。
日本のメーカーがこの様な物を作ってくれれば価格も安く安定した供給も可能になると思うのですが。

現在工房の敷地三分の一を覆っているガードネットも今年中には全敷地を覆うべく工事を進めたいと考えております。
全てを網で囲ってしまうと何かと不便な事が多くなると思いますがすべては猫の為、猫の為。


とにかく、これ以上の失踪を絶対に許さず、そしてコトラの帰りを待ちたいと思います。



スポンサーサイト
[ 2016/01/06 ] | TB(-) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/09 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する