2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







六月十六日の日記 山楝蛇

朝ごはん

DSC09617.jpg

鯵のなめろう

昨晩手をつけられなかった小鯵六尾をなめろうにして頂きました。
いや、晩酌の肴にしようと思っていたのですが鮮度優先で朝からなめろうです(笑)

なめろうとは地元の郷土料理ですね。
あまりに美味しくてお皿まで舐めちゃうので「なめろう」なんだとか(笑)
作り方はいたって簡単。

鯵を三枚に下ろす

生姜、ネギ、紫蘇の葉などの香味野菜を用意。

双方を叩いて混ぜて味噌で調味したら完成です!

いや、これはもう、お酒、不可避ですよ、朝から一杯頂いてしまいました(笑)

DSC09619.jpg

鯵のアラは前日に捌いた飛魚のアラ、昆布、ネギの青い所と共に炊いてスープを作りました。
此れは後々ラーメンスープに活用いたします。

で、〆は

DSC09620.jpg

温麺です。
温麺にラー油を垂らすとラーメン的な味わいになりますね~





ヤマカガシ


台所に行ったところ床に蛇が鎮座しておりまして(汗)

DSC09621.jpg

あああ、此れはまた猫が連れてきてしまったのだな(苦笑)
犯猫は恐らく写真のワムハチ君でありましょう。

…蛇さん、全然動かないけど大丈夫かな?

DSC09622.jpg

で、よくよく観察して見ますと蛇さん、ヤマカガシでありました。
おっとこいつはちょっと厄介ですよ、ヤマカガシは近年毒蛇である事が判明しております。
そんな事を知らない無邪気な子供の頃はよく尻尾をつかんで捕まえて遊び相手に為って貰ったものですが(笑)

そんな訳で慎重に捕獲。
ヤマカガシの体をよくよく観察…髪傷などの外傷はないようであります。

ワムハチ君はお友達を取り上げられて不満そう。

「お前は噛まれていないのかい?」

…全然元気そう。
ひとまずは安心しました。

DSC09623.jpg

そのまま庭にお連れして放免。
地面に置いた途端にカチコチに固まっていたヤマカガシがスルスルスル~と草むらの中に消えてゆきまして。
なるほど、極度の緊張状態で動けなかったのかもしれませんね。

お~い、もうウチの猫共に捕まるんじゃないぞ~





さて、後日蛇の恩返しはあるのでしょうか?(笑)



昼ごはん

DSC09628.jpg

焼き鯖丼

私の食卓には良く塩鯖が登場します。
とにかく安いんですよね、塩鯖。
それでいて美味しいので節約料理にはもってこいの食材なんです。

何時もそのまま焼いて白いご飯のおかずにしていますがたまには捻った料理にしてみようかと思いまして。

昨年作った茗荷の梅酢漬け、庭に繁茂している紫蘇の葉を刻んでご飯にまぜます。
焼いて解した塩鯖をまぜご飯の上にのせて完成です!

脂がたっぷりのった塩鯖を茗荷の梅酢漬けの酸味がさっぱりとさせ、紫蘇の葉の香りで更に軽快な味わいになります。
此れはまさに夏向きなどんぶりでありますね~

美味です、お勧め!



晩ごはん

DSC09635.jpg

実家で蟹を頂きました。
実家のご近所からのお裾分けだとか。

おお、イシガニですね。
この蟹、中学生の頃にオヤジとよく採りに行ったな~
小振りな蟹ですが(お皿の直径は15センチほどです)実に旨い蟹です。
実はしっとりとやわらかで甘く、味噌はコッテリ濃厚。
昔は子供でも簡単に取れるくらい数多く生息していたのですが今はどうなのでしょうか?

久しぶりに親父を誘ってカニ取りに行こうかなぁ。

そんな事を考えながら晩酌を楽しみました。
スポンサーサイト
[ 2016/06/18 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する