2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09







君津市 東京油そば 麺や なごみ(和) 油そば 他

ラーメン食べある記342杯目。
今回は君津市久保にあります 麵や なごみ に行って来ました。

DSC03145.jpg

君津初の油そば専門店として昨年10月に開店した なごみさん、
一年以上が過ぎ、すっかり君津の油そばのお店として定着したのではないでしょうか?
あの油そばを初めて食べた時の衝撃は今でも忘れません。
こんなに美味しい麵料理があったなんて!
今ではすっかり油そばファンの私です(笑)

DSC03139.jpg

なごみの油そば、680円です。
昨年の開店時の価格のまま、増税後にも価格を据え置いて下さっています。
しかもランチタイムには大盛&ライス無料のサービス付!
このご時勢に本当に有難い話じゃないですか!!!

DSC03140.jpg

油そばが食べられる幸せに感謝しつつ、麵と具材を良く掻き混ぜて一体化させます。
更にテーブルに備え付けられたラー油、酢、おろし大蒜を心ゆくまで加え更に一回し。

あとは本能の赴くままに啜りこむだけです!(笑)

DSC03142.jpg

麺は極太の縮れ麵。
ズバズバと啜ってワシワシと頬張り咀嚼すれば舌の上に広がる魅惑の油そばワールド。

旨みの濃いタレと脂の濃厚なコク、ラー油のピリ辛と酢の僅かな酸味、そしてニンニクの芳香が
口に仲いっぱいに広がり、胃袋にスト~~~ンッと落ちてゆく・・・・

頬張る、咀嚼、飲み込み、胃袋へ、 この一連の動作と時間がまるで夢の様でもありますなぁ(笑)

やっぱり旨い、何度でも美味しい!

DSC03143.jpg

具材は

チャーシュー 1枚

ゆで卵

シナチク

もやし

青ネギ

フライドオニオン

刻み海苔

刻みネギ




何度か食べている内に思ったのですが具材の茹で玉子、これが結構重要なのでは、と。
黄身を崩して混ぜ込んで食べると得も云われぬ風味とコクが増しているような気がするんですよね。
生卵の黄身とは違う、固ゆで玉子の黄身ならではの食感と風味がイイ味を出しているんだろうなぁ。

DSC03144.jpg

そしてやっぱり油そばには白いご飯ですよ!

半分ほど食べ進めたらご飯を投入してご飯と麵を絡め、タレの一滴も残さず胃袋に収めてこの夢の賞や食事時間が終了するのであります・・・・・


あ~、美味しかった!
ご馳走様でした~



東京油そば 麺や なごみ(和)

油そば 680円
(ランチタイム 麵大盛、ライス無料サービスあり)

2014年12月23日訪問



あ~、美味しかった!
ご馳走様でした~


今年最後の油そばになるかな?
いやいや、もしかしたら年越しそば代わりに食べに行ってしまうかも・・・(笑)







スポンサーサイト
[ 2014/12/28 ] ラーメン 君津市のラーメン | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する