2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







八月八日の日記 カセットガスで冷える

お盆休みに友人達とキャンプに行こうと言う話になりまして。
久々のキャンプです、しまいこんでいた様々な装備を点検、整備をして使えるようにしておかなければ!

まずはテントや寝袋など布系のものは収納袋から取り出して陰干しをします。
ランタンやストーブなどは整備をしてちゃんと使えるかどうかをチェック。
コッフェルなどの鍋類も洗って干しておきましょう。

そしてー

なんと言っても夏場のキャンプで一番重要なのはクーラーの存在です。
断熱材で作られたクーラーは特に手入れなどしなくても良いのですが
我家のクーラーは冷蔵クーラー、そう、保冷材などを必要としない自ら冷えるクーラーなのです!
冷やすために必要なエネルギーは家庭用コンセント、車様のシガーライターソケット、そしてカセットガスが使えるマルチエネルギーなクーラーなのです!

カセットガスでどうやって冷やすのか、不思議ですよね~(笑)

で、そのクーラーを5~6年ぶりに引っ張り出してみたのですが物凄い状態です(苦笑)

DSC00532.jpg

整備をする為に背面パネルを外してみたのですが機関部は猫の毛だらけ(汗)
そういえばこのクーラーの上で猫たちが良く昼寝をしていたっけ…
こんな状態では動くのかどうかさえも実に怪しい(苦笑)
ともあれ掃除をして猫の毛を取り除きましょう。

DSC00533.jpg

刷毛と布巾を使って出来うる限り猫の毛と埃を除去。
フム、大分ましになりましたね。
しかし購入してから20年くらい経ちますので熱交換器に大分サビが目立ちますね。
近い内にさび止め処理をしておかないと…

DSC00535.jpg

…とーちゃん、今日は急がしそうでボクにちっとも構ってくれないんだ。


(苦笑)


さて、まずは使用出来るかどうか試験をしてみましょうか。

カセットガスをセットして点火作業を行います。

一回、二回、三回…点きません(汗)
長めにダイヤルを押し、ガスを充満させてからいッッ気に点火スイッチを入れます!

ボンッ!
と小さな爆発を伴ってようやく火をつけることが出来ました。

DSC00536.jpg

点検孔から着火を確認。
そう、カセットガスはバーナーの燃料として必要だったのです。
このバーナーで冷却用の触媒を過熱、気化、それを熱交換器を通して冷却に利用しているのでありました。

DSC00537.jpg

暫くそのまま放置してからクーラー内の温度を確認、冷却されています!
無事復活です!

DSC00538.jpg

クーラーの容量は35リットルもありますのでビールの350缶なら人ケースくらい余裕で収納出来ます。
そして何とこのカセットガス一本で24時間ほど冷やし続ける事が可能なんです。
その冷却性能は氷も作れるほど!
此れでいつでも何処でもキンキンに冷えたビールを呑む事ができます。


さあ、今度のキャンプが楽しみになってまいりましたよ!(笑)




朝ごはん

DSC00530.jpg

バンバンジー麺

フィリップスヌードルメーカーで作った麺を茹でて冷水で〆、その上にバンバンジーを載せました。
バンバンジーは鶏ささ身肉とキュウリ、トマト、そして市販のゴマドレッシングを使いました。

主食にも、そしてお酒のツマミにも最適な一品です!


昼ごはん

DSC00539.jpg

塩焼きそば

件のサッポロ一番塩らーめんが焼肉に云々、の余った塩だれを使いました。
麺は業務スーパーの蒸し麺を使用。


晩ごはん

ブリとマグロの刺身

最近富にムギの食欲が落ちてきまして。
スーパーの閉店時間を狙ってお刺身を安く買って来ました。

…うん、まだお刺身は喜んで食べてくれるようですね。
しかしやはり栄養の偏りが気になりますしカリカリを食べて欲しいのでありますが。


お刺身の残りはとーちゃんが美味しく晩酌の肴としていただきました。

スポンサーサイト
[ 2016/08/11 ] 野外生活 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する