2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







七草粥

7日は七草で御座います。
正月の暴飲暴食で疲れた胃袋を労わるために滋味溢るる七草の粥を食すのだとか。
確かに鯨飲馬食の日々を送っていたなぁ、このお正月も・・・・(苦笑)

では故事に倣って七草の粥でも作りましょうかと思ったのですが
冷凍庫の中にクリスマスの際に焼きそびれた丸鶏が一羽眠っていたのを思い出しました。

そうだ、どうせなら!

1218543_2131048549_64large (1)

調理開始です。

キッチンダッジオーヴンと練炭コンロを用意。
ダッジオーヴンはその蓄熱性の高さから焼き料理だけではなく、煮込み料理にもその威力を発揮します。
昨今、ガス代や灯油代も馬鹿に出来ませんので長時間料理には練炭コンロがもってこい
部屋の暖房にもなりますしね(笑)

屋外で練炭に火をつけ、安定燃焼に入った頃を見計らって室内へ入れます。
火を点けてから暫くは一酸化炭素が大量に発生するので要注意。

DSC03342.jpg

鍋の中には

丸鶏

ネギの青い所

ショウガ

ニンニク

昆布

が、入れてあります。
このままラーメンスープが作れそうな構成ですな〜(笑)

このまま中火で鶏肉が軟らかくなるまで煮込みます。
練炭コンロの良い所は火力調整が容易な事。
吸気口の開け閉めで火力を自在に操れます。

DSC03344.jpg

煮込みから約3時間後。
十分鶏肉も柔らかくなったのでネギや昆布を取り出しお米を投入。
中華風のさらさら粥を目指しているので入れたお米は1合半と言う所。

米粒が鍋底に張り付かないように時々かき回しながら更に煮込みます。

DSC03346.jpg

1時間ほど煮込むと十分に米が膨らんでさらさら粥の出来上がり!


あとは塩で調味。
それから菜花、キャベツ、白菜、葱を入れて一煮込み、
丼に粥をよそい、鶏肉を盛り付け、仕上げに茹でたチンゲンサイと風味付けの胡麻油、具沢山ラー油を乗せたら〜

DSC03350.jpg

中華風七草粥の完成です!

DSC03351.jpg

鶏肉は長時間に込んだので端で解せるほど柔らかくなっていますよ〜
もちろん丸鶏から出た出汁で炊いた粥の味は絶品です!


しかしまあ、ちっとも胃袋が休まりそうも無いお粥ですよねぇ(笑)



ともあれ、時間はかかりますが手間はかからない簡単調理で抜群に美味しい鶏粥が出来ますので是非ともお試しあれ〜






スポンサーサイト
[ 2015/01/08 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する