十月十五日の日記 タンドリーチキンとバターチキンカレー

秋らしい陽気の週末で御座います。

DSC01812.jpg
DSC01814.jpg
DSC01806.jpg

工房の庭の陽だまりには猫たちが屯しこの世の春を、いや、秋を満喫しているようです(笑)
そんな猫たちを横目にとーちゃんはコンビニまで出向いてビールなどを買って来まして~

タンドリーチキンを焼いて
昼まっから呑みます!

DSC01803.jpg

昨晩ヨーグルトたれに漬け込んだ鶏もも肉を冷蔵庫から取り出します。

DSC01815.jpg

半量を取り出し、漬けだれを拭いましてからパナソニックマルチグリラーにて焼き上げます。
マルチグリラーは電気調理器ながらまるで炭火の様に香ばしく焼き上げられる
酔いどれ自宅自炊呑み派(笑)垂涎の調理家電であります!

DSC01816.jpg
DSC01817.jpg

はい、焼きあがりました~
焼き立てにガブリと食いつきビールをすかさず流し込みます。

ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクプハ~~~~ッ!

堪りませんなぁ!(笑)

いや~漬け込んだチキンの何とも柔らかく芳醇な味わい!
ヨーグルトのまろやかさとカレー粉の刺激と香ばしさが実に良い塩梅で
グラム30円程度のブラジル産冷凍鶏もも肉でも至高の味わいになりますよ。

や、しかし、此れをタンドール釜で焼いたらもっともっと美味しく食べられるのかなぁ?
調べてみると素焼きの植木鉢などを使って自家用タンドール釜を自作している人をインターネット上で散見します。

自分で作った釜でタンドリーチキンとかナンとか焼けたら最高じゃないですか!!!
うん、作ります!いつか工房に自作のタンドール釜を据え付けるぞ!!!(笑)




で、チキンとビールを楽しみつつ、残ったチキンの半量とその漬けだれを使って~

DSC01818.jpg

バターチキンカレーを作りました。
此れで漬けだれも余さず使い切りました。
本格インド料理屋さんなどで見かけるバターチキンカレー、作るのは意外と簡単でした!
色々な調理法がインターネットで紹介されていますので是非挑戦してみてください。

DSC01819.jpg

出っ腹が気になるオッサンなので(苦笑)バター控えめ、生クリーム無し(牛乳で代用)で作りましたがそれでもあのお店で食べるバターチキンカレーの雰囲気は十分出せていると思います。
甘くてまろやか、ほんのりスパイシーなバターチキンカレー、今後はタンドリーチキンと共に定番のお惣菜になりそうです。




で、

DSC01825.jpg

お昼は食べ過ぎましたので(苦笑)夜は卵かけ納豆ご飯で。




今日も私を生かしてくれた様々な食材たちに有り難う、頂きます、そしてご馳走様でした!




スポンサーサイト
[ 2016/10/18 ] 自炊 独身男の料理 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する