2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







君津市 じゅうじゅうカルビ君津大和田店 石焼黒醤油ら〜めんランチ

ラーメン食べある記430杯目。
今回は君津市大和田にあります「じゅうじゅうカルビ君津大和田店」さんに行って来ました。

DSC02657.jpg

焼肉屋さんでラーメンが供されるのはそれほど珍しい話ではないのですが
ラーメンが前面に押し出されたランチ、と言うのはやはり珍しいのではないでしょうか?
以前焼肉を食べに此処、じゅうじゅうカルビ君津大和田店さんに来た時にランチメニューにラーメンがあることを発見し、「これは近々食べに来なければ!」と思っていたんです。

DSC02646.jpg

それもただのラーメンではありません、何と石焼!
これは石焼ビビンパなどでよく見る石の器ですよね。
はてさて、いかなるラーメンが出てまいりますのか、楽しみであります!!!

…しかし悩みますねぇ。
醤油、塩、味噌、そして台湾ラーメン。
個人的には台湾ラーメンが気になるのでありますが何しろ初めての石焼ラーメン、
やはりここは基本に忠実にー

DSC02647.jpg

と、言う訳でドンッ、と出て来ましたのが此方、石焼黒醤油らーめんランチ、853円です。
おおおお、何と言うスペクタクル!!!(笑)
スープが、スープが沸騰しております!
まるで加工のマグマか地獄の釜か、醤油の焦げる香ばしい匂いと湯気が目の前に立ち上ります。
いやはや、これは凄い!(笑)

DSC02649.jpg

流石に直ぐに箸をつけることが出来ず暫し沸騰が収まるのを待って再びパシャリ。
…この「パシャリ」と言う表現も昭和的なのですかねぇ?(笑)

よくよくテーブルを見てみると丼の周りがすっすらを茶色い…
これは沸騰の際に飛び跳ねたスープなのでしょう。
Yシャツを着たサラリーマンの皆様および白い服を着ている人は要注意。
沸騰が収まるまでは丼に近付かない方が良いでしょう。

さて、それでは頂きます!

DSC02652.jpg

まずはスープ。
黒醤油と銘打つだけあって実に黒々としたスープです。
味も見た目どおりに濃い醤油味、甘味の他に若干の苦味。
色と味わいは何処と無く竹岡ラーメン風でもありますね。

いや、しかし熱い。
沸騰が収まったとは言えまだまだ十二分に熱々です。

DSC02650.jpg

麺は極太の直麺、その様はまるでうどんの様でもあります。
スープの色に染まって黒々としております。
その太さゆえあの灼熱のスープの中でもだれる事無くコシと張りを保っておりました。

DSC02654_20170110040611879.jpg

具材は

豚バラ肉 4枚

茹で玉子 半個

ニラ

タマネギ


肉はチャーシューではなく豚バラ肉を焼いた物が入っていました。
おそらくは焼肉メニューにある豚カルビを使っていると思われます。

丼は直径17〜8センチ程度でやや小振り。
具材や量的なものを考えると853円は高いなぁ、と思われるでしょうが実は此れだけじゃあないんです!

DSC02655.jpg

このランチセットにはライス、カレー、スープの食べ放題にデザートまで付いてくるんです。

スープはキャベツと卵のスープ、デザートには杏仁豆腐が出て来ましたよ。

DSC02656_20170110040614a51.jpg

で、この食べ放題の黒カレーが実に絶品で!
普通この手の食べ放題のカレーなんてほとんど肉なんて入っていないものが多いのですが
じゅうじゅうカルビのカレーはもう、ゴロゴロ肉だらけ!肉しか入っていないカレーなんです。
そしてその味わいも実に素晴らしく、私などは今回、茶碗に二杯のカレーを平らげてしまいました(笑)


じゅうじゅうカルビ君津大和田店

石焼黒醤油ら〜めんランチ 853円


2017年1月6日訪問



ふう〜満足しました。
まあ、853円分の満足は十二分に味わえました(笑)
石焼ラーメンも美味しかったですね〜
次は是非台湾ラーメンを食べてみたく。
そして皆様、カレーもお忘れなく!本当に美味しいんだから!!!




スポンサーサイト
[ 2017/01/10 ] ラーメン 君津市のラーメン | TB(-) | CM(2)

いつも読んでます。
幸楽苑にて、数量限定のフカヒレラーメン始まりました。
よかったら行ってみてください
[ 2017/01/22 13:44 ] [ 編集 ]

コメント有り難う御座います。
何と、幸楽苑でフカヒレですか!!!
情報有り難う御座います、早速突撃し、詳細をご報告したいと思います~
[ 2017/01/23 03:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する