2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







三月十日の日記 東海道中膝列車 弐

まどろみの中から意識が這い出た頃にはもう東京都内を列車が走行中でした。
周りは通勤混雑中、黒やグレーのスーツを着たサラリーマンやOLたちで埋め尽くされております。
そんな中、オレンジ色のフリースジャケットを着て酒臭い息を吐くヒゲ面で坊主頭のオッサンは明らかに異様(苦笑)
しかも段ボール箱二個分の大荷物がありますのでなんとも申し訳無い気分に。

東京駅を過ぎ、品川でまずは最初の乗り換え、熱海行きの快速列車に乗り換えます。
此処でもまだ通勤客が多いのですが横浜を過ぎる辺りから減り始め、藤沢を過ぎた辺りではもうまばらに。
車窓には海もちらほら見え始めます。

おおそうだ!この先の小田原~熱海間は山の上から海を見下ろせる絶景が続く場所!
ちょっと贅沢をしてグリーン車の二階から眺めてしまおう!、と考えまして早速移動。
ゆったりとグリーン車の席に腰を落ち着けてウイスキーの小瓶を取り出しグビリ、最高のひと時を満喫致しました。

熱海で二回目の乗り換え。
此処から先の静岡間は快速列車の設定が無いのでひたすら各駅停車で西へ西へと移動します。

この移動中、とても驚いた事が!

とある駅で扉が開いた時に県内在住の友人が列車に乗り込んできたのですよ!
そして私を見つけるとお土産を渡してくれたのです。

私 「なんでこの列車に乗っているって分ったの?」

友 「ジョルダンで始発で大阪に行く乗換えを調べたんです」


いやはや、本当に驚きました(笑)
その友人は次の駅で下車し別れました。
お土産に頂きましたのは大好物の草薙駅近くの「竹屋」の芋ようかん、有り難うございました!


島田で三回目の乗り換え。


大きな荷物を背負っての乗り換えはやはり大変です。
ホームを跨ぐ乗換えになりますといちいち階段を上り下りしなくてはならないので疲労も蓄積します。

DSC03430_20170317112014a4f.jpg

お昼も近くなりましてお腹も空きましたので駅の売店でお握りとビールを所望。

DSC03431.jpg


このテンジンヤのタラコとシラスのおにぎり、とても美味しかったな~
来年も是非とも買い求めたい!!!

浜松で四回目の乗り換え。
静岡県内に入ってもう三時間ほど経ちますがまだ抜けられないのだろうか?(苦笑)

豊橋で五回目の乗り換え。
ようやく愛知県ですよ。

しかし寝不足とアルコールの影響ですこぶる眠たい。
が、列車の乗り継ぎが始発~終点を繰り返しているので一度寝落ちしてしまうと折り返しでもと居た駅まで戻されてしまう可能性が!!!

車内で浅い眠りを繰り返しつつ徐々に大阪に近付きます。

大垣で六回目の乗り換え。
此処から先の関が原辺りの車窓ってとても好きなんですよね~
山間の谷を走る列車左右の山村風景、透明な水が流れる大小の川、なんとも心落ち着く車窓なのです。

米原で七回目、最後の列車乗り継ぎをします。


午後五時前、遂に大阪に到着しました!
駅で関西在住の友人と合流し、まずは本日お世話になる宿に連れて行ってもらいます。

宿に荷物を置いたら早速大阪の夜を満喫しに出かけます(笑)

DSC03435.jpg

大阪には従兄弟がやっている和食のお店がありましてね。

DSC03436.jpg

お刺身~

DSC03440.jpg

出し巻き卵~

DSC03441.jpg

お寿司!

そのほかにも唐揚げや天ぷらなどご馳走とお酒をお腹いっぱい頂きました!
どうもご馳走様でした~


その後なんばではしご酒(苦笑)

DSC03460.jpg

友人と別れてから宿に戻る途中に…

DSC03445_201703171120301d7.jpg

ラーメン屋さんを見つけてしまいましてね、

DSC03451.jpg

ついつい〆のラーメンを頂いてしまいました(笑)


あ~、も~、満足至極じゃ~



宿に戻ってそのままベッドに倒れ込み気を失うように眠ってしまった私なのでありました。


スポンサーサイト
[ 2017/03/17 ] 造形 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する