2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07







君津市 なの花食堂 ラーメン

うなむーの食べある記539店目。
今回は君津市久保にあります君津市役所の地下にあります「なの花食堂」に行って来ました。

DSC03249_20180524223344e0c.jpg

ブログをご覧になった方から「地下食堂の経営者が変わってラーメンも変わりました」と言う情報を頂きまして早速やって来ました!

DSC03238_20180524223355623.jpg

や、市役所の食堂に来るのも久し振りですね。
調べてみたら前回訪問したのは2011年12月でしたよ。
ラーメンの味もほぼ忘れてしまっていますが、兎にも角にも食べてみましょう~
食堂は食券式。
食券は食堂手前の売店で購入いたします。

DSC03239.jpg

ふむ、店内の様子は変わっていませんね。
昔の社員食堂とか学食の様な雰囲気です。

カウンターで食券を渡して暫し待ちましてー

DSC03240_20180524223351e03.jpg

はい、此方がなの花食堂のラーメン 500円 小ライス付きです。
価格とライス付き、と言うのは変わりませんね。

DSC03242.jpg

はい、ドンと寄ります。
うん、確かに以前提供されていた物とは違いますね。
念の為写真を探してみました。

img20111230011755093.jpg

此方が2011年当時に食べたラーメン。

うん、具材がかなり減っていますね(苦笑)
まあ、値上げしていないだけマシと言う所でしょうか。

DSC03243_20180524223348555.jpg

スープはしょうゆ味先行、出汁感はそれほど感じず。
これまた昔の社食とか学食を思い出す味わい。

DSC03245_20180524223347fbf.jpg

麺は中細麺。

DSC03247_20180524223345137.jpg

具材は

チャーシュー 1枚

シナチク

青菜

刻みねぎ



なの花食堂

ラーメン(小ライス付き) 500円


2018年5月10日訪問


そう言えばカウンターに餃子も注文出来るような事が書いてありましたよ!
今度は定食と餃子を食べてみたいですね。

情報を提供頂きましたごんさん、有り難う御座いました!
早速食べに行きましたよ~
また何か情報がありましたら宜しくお願い致します。





君津市 ビストロ鶴岡 ポークカレー 他

うなむーの食べある記538店目。
今回は君津市中野にあります「ビストロ鶴岡」さんに行って来ました。

DSC03172_2018052023191844a.jpg

君津駅南口からアピタ方面に少し行った所にある個人経営の洋食レストランですね。
以前から気になっていたお店だったのですが、ラーメン食べある記には関係の無いお店と言う事で訪問の機会が無かったのですが、今年から食べある記のラーメン縛りを外したので喜び勇んでの訪問です!

こじんまりとした店内はカウンターと四人掛け、二人掛けのテーブル席の構成。
お店は老夫婦が切り盛りしています。

DSC03158.jpg

ビストロ鶴岡のメニューです。
洋食レストランの定番メニューが並んでいます。
むむむ、パンチライスと言うのが気になりますね~

DSC03159_20180520231933120.jpg

そして「ビストロ」の名のとおり居酒屋的おつまみメニューも充実しております。
いや~、お酒も呑んでみたい!!!(笑)

DSC03160_2018052023193144c.jpg

さて、まずご紹介しますのはポークカレー 600円です。

DSC03162.jpg

ズズイと寄ります、
カレーソースは辛さ控えめのマイルド系。
肉以外の具材はすべてソースに溶け込んでいるようですね。

DSC03166_2018052023192668c.jpg

ボリュームのある大き目の豚ばらブロックが二つ入っていました。



DSC03161.jpg

そして此方はナポリタン 600円。
お店にナポリタンがあれば必ず注文するようにしています。

DSC03163_20180520231928195.jpg

うんうん、いわゆる「喫茶店のナポリタン」的な雰囲気ですね。
こう言うお店ではこう言うナポリタンが出てきて欲しい、理想のナポリタンです。

DSC03169_20180520231923988.jpg

ケチャップが絡まる麺は茹で置きの柔らかタイプ。

DSC03168_20180520231924df4.jpg

具材は

ベーコン 玉ねぎ ピーマンの三種類。

DSC03170_20180520231920da2.jpg

こう言うナポリタンにはタバスコと粉チーズをたっぷりかけて食べるのが美味しいんですよね~



ビストロ鶴岡

ポークカレー 600円

ナポリタン 600円


2018年5月5日訪問


DSC03171_20180520231919a5d.jpg

食後のデザートにプリンをサービスして頂けました!
ちょっと固めで卵の風味が豊かな実に懐かしい味わいのプリンでした。
とっても美味しかったです、有り難う御座いました~

富津市 幸楽苑イオンモール富津店 新極上中華そば

うなむーの食べある記537店目。
今回は富津市青木にあります「幸楽苑 イオンモール富津店」に行って来ました。

DSC03021.jpg

前日にインターネットで情報を入手!
幸楽苑さんが新ラーメンを発売、そのキャンペーンでラーメンが一杯10円で食べられるとの事!
喜び勇んでやって来た訳でありますが〜
ワタクシ、「無料、半額、割引」と言う言葉に滅法弱いのでありました(笑)

DSC03010.jpg

4月24の午前十時から11時までの間、先着100名様と言うかなり限られた時間内のキャンペーンではありますがー

DSC03009_201805162028203dd.jpg

田舎と言う事もあり人々が大挙して押し寄せる事も無く、無事に整理券を入手。
恐らく都会では大勢人が集っていたのではないでしょうか?

DSC03011.jpg

レジで10円を支払ってラーメンが出来上がるのを待ちます。
いや、しかし流石に10円と言うのはちょっと気がひけますなぁ。
100円くらいでも喜んで食べに来ましたけど(笑)

DSC03013_201805162028160a5.jpg

はい、此方が新極上中華そば、本来であれば税込421円であります。
私は以前の290円時代の中華そばをこよなく愛していたのですが新極上は如何に?

DSC03014.jpg

スープは鶏豚混合で濃く、どっしりとした力強い味わい。
以前幸楽苑さんが発売していた「司」と言うラーメンのスープの雰囲気にもちょっと似ていますね。

DSC03017.jpg

麺は幸楽苑さん自慢の太目の縮れ多加水麺。
私はこの麺の食感が大好きなんですよね〜

DSC03020_20180516202809562.jpg

具材は

チャーシュー 四枚

シナチク

なると

刻みねぎ


DSC03016.jpg

かなり薄切りですがチャーシューが四枚も乗っているのでかなり満足感は高いですね。
濃い目のスープと言う事もあり、ご飯との相性も良さそうです!
今度惣菜売り場でご飯を買ってきて、ラーメンライスを試してみたいですね。


幸楽苑イオンモール富津店

新極上中華そば 10円 (新発売キャンペーン価格)


2018年4月24日訪問

幸楽苑さん、どうもご馳走様でした!
とても美味しかったですよ〜

しかしやはりあのあっさり系の290円時代のラーメンも良かったな〜
是非とも復刻して欲しいものでありますなぁ。

千葉県千葉市 大阪王将 穴川インター店 鶏ねぎラーメン 他

うなむーの食べある記536店目。
今回は何時もの地元をちょっと飛び出しまして、千葉市にあります「大阪王将 穴川インター店」に行って来ました。

DSC02970.jpg

再び千葉市動物公園へ行く事になりまして。
今回は徹夜で製作したハシビロコウやコツメカワウソのまんじうを納品しに行くためでありました。
何とか列車に滑り込み安堵のため息。
コンビニ袋の中からお飲み物とおつまみを取り出して窓際に並べます。
そしてプシュリ!
仕事を何とかやり終えた自分にご褒美!
再び列車の中は居酒屋へと変貌するのでありました(笑)

DSC02972.jpg

程々に気持ち良くなった所で千葉駅に到着。
千葉都市モノレールに乗り換えまして暫しの空中散歩を楽しみます。

DSC02973.jpg

千葉駅の上空を通過ー

DSC02974.jpg

そして暫く進むと進行方向左手に謎の車輌…
此れは一体何???
ミニチュアな京葉線の車輌にも見えますが?
人が乗れるサイズなんですよね。
動くのかしらん???

DSC02975_20180510235039c53.jpg

そしてスポーツセンター駅を通り過ぎると見える大阪王将穴川インター店!
ふふふ、待っていろよ~
納品が終わったら突撃するからな~!!!


と、言う訳で無事に千葉市動物公園に到着。

DSC02978.jpg

おおお、今回はつつじが満開ですね!
ここ三回の訪問で桜、八重桜、そしてつつじとそれぞれの花の盛を見る事が出来ました。
花は良いですなぁ、心は潤います!

しかし私はやはり花より団子!(笑)
ササッと納品を済ませまして再びモノレールに飛び乗ります。

DSC02993_201805102350247b1.jpg

はい、やって来ました大阪王将!!!
人生初大阪王将です。
王将には「餃子の王将」と「大阪王将」とがありますが、この二つが違うお店だとはしらなかったんですよね。
「餃子の王将」は地元にもありますので慣れ親しんでおりますが、はたして「大阪王将」餃子の味は如何に?
期待は高まります!!!

それでは たのもー!!!

DSC02982_20180510235036218.jpg

カウンターの席に腰を下ろし、まずは無事納品を祝って瓶ビールで乾杯!
そして餃子二人前もすかさず注文!!
おおおお、此れが大阪王将の餃子か~!!!

DSC02983_2018051023503571e.jpg

餃子一人前は六個で税込260円。
餃子の王将よりほんの僅かでありますが高価。
餃子自体の大きさは「餃子の王将」よりやや小振りに感じます。

其れでは頂きます!

DSC02984_20180510235032fe7.jpg

ふむふむうんうん、なるほどなぁ。
粗みじんのキャベツのシャクシャクとした食感が印象的ですね。
具にニラが入っていないので軽い食感、幾らでも食べられそう(笑)
明らかに双方の餃子の味わいは違いますね。
実に興味深いですなぁ。

DSC02985.jpg

ご飯 200円との相性も良し。
大阪王将は餃子のバリエーションも豊かですね。
揚げ餃子や水餃子もラインナップされていました。

う~ん、是非とも千葉し以南にもチェーン展開して欲しいものですね。

DSC02986_20180510235030bf9.jpg

さて、〆のラーメンに選びましたのは此方の鶏ねぎラーメン 630円。
ちなみに大阪王将のメニューには税抜き、税込価格が併記されているのが好印象ですな~
税抜き価格だけ表記してあると実にずるい、と言うか騙された感じがするのですよ。
以前の様にすべて税込価格で表記して頂きたいものですね。

おっと話が脱線しましたね(苦笑)

何時もでしたら始めての店ですし、基本の醤油ラーメンを頼むべき所なのですが、最近妙に塩ラーメンに惹かれるのですよね。

DSC02988_20180510235029649.jpg

やや白濁した塩スープはもちろん鶏。
脂感もしっかりあって意外と太い味わい。

DSC02992.jpg

麺は細めのやや縮れで啜り心地良好。

DSC02989_20180510235026e5c.jpg

具材は

鶏胸肉

ねぎ塩

白髪ねぎ

かいわれ大根



サラダチキン的な鶏胸肉はしっとり柔らかく美味。
量もたっぷり入っていてお得感がありますね~
提供直後はチキンが冷たいので、スープに沈めて温めてから食べるのが吉。


大阪王将 穴川インター店

餃子二人前 520円

ご飯 200円

鶏ねぎラーメン 630円


ビール中瓶(キリン一番しぼり) 590円

2018年4月21日訪問


と、言う訳で人生初の大阪王将を体験して参りました。
慣れ親しんだ餃子の王将に比べると全体的にやや割高な印象。

例えば餃子の王将は瓶ビールは大瓶で518円、大阪王将は中瓶で590円。
酒呑みとしてはその辺が気になるところではありまして。
でも、大阪王将には今回は挑戦しませんでしたが700円でビールを含めたアルコール飲料が30分呑み放題!
なんて言う魅力的なメニューもありましたねぇ。
いつかは挑戦してみたいものですが(笑)

木更津市 いわきや タンメン

うなむーの食べある記535店目。
今回は木更津市岩根にあります「いわきや」さんに行って来ました。
二回目の訪問となりますね。

DSC02900.jpg

所用がありまして朝の9時頃にいわきやさんの前をとおりました所、何と暖簾がかかっているではないですか!

「ええ?いわきやさんってこんなに早くから営業しているの?」

いや、此れは渡りに船。
実は朝食抜きで出かけて来たのでコンビニ辺りで惣菜パンでも買おうかと思っていた所だったんですよ。
さっそく暖簾をくぐります。

前回はラーメンを頼みましたので今回はー

DSC02892_20180508100119023.jpg

タンメン 600円を注文。
おおお、ペールギュントの「朝」が立ち上る湯気に合わせてBGMとして流れてきそうな(笑)タンメンですねぇ。
なんとも美しい!

DSC02894.jpg

スープはラーメンの時も感じましたがほんのり和の雰囲気がある端麗塩スープ。
適度な脂感もあって物足りなさを感じません。
実に旨いスープです。

DSC02896.jpg

麺は中細のやや縮れ。
加水率低目のややぽそっとした歯ごたえの麺。
この独特のシコシコ感が実に私好み。
先の端麗スープと実に相性が良い!
いわきやさんの麺、本当に好きだな~

DSC02898.jpg

具材は

豚肉

キャベツ

もやし

人参


具材は恐らく炒めないで湯通ししてスープに加えている感じ。
もしくはスープで煮込んでいるのかも?
調理中に炒める音がしませんでしたので。
だから仕上がりがさっぱりとしていて見目も美しいのでしょうなぁ。


いわきや

タンメン 600円


2018年4月14日訪問


DSC02899_2018050810011283c.jpg

いや~お昼や晩ごはん目的だったら間違いなく餃子とライスも頼んでいたでしょうね~(笑)
いや、しかし本当に朝ごはんに相応しい美味しいタンメンでした!

よし、次こそは餃子とライス、麺はワンタンメンかな。
再訪が楽しみです!!!